ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

オークス2019、予想

ラジャカジャです。
オークス2019の予想をしていきたいと思います。

その前に今朝方行われたボクシングの
井上尚哉vsロドリゲスの試合の残像が
未だに脳裏から離れず余韻に浸っています。

WBSSの準決勝という位置付けでしたが
事実上のバンタム級ナンバー1を決める一戦で
今回ばかりは井上も苦戦するのでは?と思いましたが
ここまで決定的な差をつけて勝ってしまうとは予想外でした。

2度目にダウンしたロドリゲスが「もう無理」と言わんばかりに
首を振っていたのが印象的でした。

決勝で対戦予定のドネア選手も見に来ていましたが
試合終了直後の驚いたような顔が印象的でした。

前回の試合から大分間隔が空いていましたが
更にレベルアップした印象で
選手としてのピークはまだこれからな感じがします。
今後は本場アメリカで更に名のある選手と戦って
偉大なスーパースターになって言って欲しい。

ちょっと競馬から逸れた話題になってしまいましたが
良い気分に浸れているので
今日のオークスも当たってくれたら尚嬉しい。


スポンサードリンク

オークス 追い切り診断

まず予想の前にこのレースの追い切り診断をしてみます。

因みに先週のヴィクトリアマイルでは
唯一A評価をつけたノームコアが1着
2着に来たプリモシーンもB評価の上位に推していたので
自分も評価もあながち間違っていませんでした。
(何故か馬券は取れませんでしたが)

今週も何とか馬券に絡める馬をA評価に推したいところですが
全馬18頭の調教VTRを見たうえでの評価は
以下の通り。

A評価
ノーワン
ビーチサンバ
B評価
ダノンファンタジー
シゲルピンクダイヤ
ウィクトーリア
ラヴズオンリーユー
コントラチェック
アクアミラビリス
シャドウディーヴァ
クロノジェネシス
フェアリーポルカ
エールヴォア
ウインゼノビア
ジョディー
メイショウショウブ
フィリアプーラ
シェーングランツ
カレンブーケドール
C評価
該当馬なし

今回A評価に推したいのは
ノーワン、ビーチサンバの2頭

ノーワンは栗東坂路での2頭併せ
パートナーを1馬身程先行させ、しばらくは馬なりで併走。
折り合いはしっかりついていて馬体にブレもなく安定感のある走り。
鞍乗がステッキを抜いただけで馬は反応し
最後まで馬なりのまま半馬身先着してゴール。
4F52秒6-12秒6と時計も上々で
脚元の踏み込みも力強く迫力があった。

1週前追い切りでも同じく栗東坂路で4F52秒0-12秒5と
十分に負荷をかけた追い切りをしており
万全の態勢でレースに臨めそう。
人気は全くなさそうですが軽視は禁物でしょう。

同じくA評価に推したビーチサンバは栗東CWでの単走追い。
終始馬なりでしたがストライドは十分伸びており
追えばいくらでも伸びそうな雰囲気。
1週前追いでびっしり負荷を掛けた追い切りをしており
今週は調整程度の動きでしたが
状態の良さが感じられる動きでしたので
こちらも文句なしにA評価に推したい。

B評価の中では
ダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、ウィクトーリアの3頭が上位の評価。

ダノンファンタジーは栗東坂路での単走追い。
頭の位置が左側に向き加減なのが気になるが
脚元の踏み込みは非常に力強く迫力がある。

シゲルピンクダイヤは栗東坂路での単走追い。
頭の位置が多少高く馬体のブレもあるが気になるほどでもない。
馬自身は集中して最後まで走れていますし
1週前追いの動きは良かったので仕上がりに問題はないと思う。

ウィクトーリアは美浦南Wでの2頭併せ。
手応え余裕のまま併走しラストで軽く促すと
ストライドを伸ばして先着してゴール。
ややこじんまりした体系に見えるが動きは良い。

ラヴズオンリーユーは栗東坂路での単走追い。
終始馬なりでリラックスして走れていましたが
プラス評価できるのはそれくらいで
一言で言えば平凡に映る。
ただ1週前追いはかなり負荷を掛けていたので
それを踏まえての調整過程なのかもしれない。
正直調子が良いのかどうか解かりかねる。

コントラチェックは美浦南Wでの2頭併せ
最後まで馬なりのまま併入。
藤沢厩舎お得意の馬なり調教で陣営の思惑通りに来ていると感じます。

アクアミラビリスは栗東CWでの単走追い。
終いは強めに追われストライドも目一杯伸ばしてゴール
首の動きが固く感じるものの
状態はまずまず良さそう。

シャドウディーヴァは美浦南Wでの3頭併せ。
直線で軽く仕掛けると反応し最後は併入してゴール
追えばいくらでも伸びそうな印象。

クロノジェネシスは栗東CWでの2頭併せ
最後まで馬なりのままゴールしたが
鞍乗は常に手綱を引き気味。
掛かっているわけではないがスムーズさを欠いている印象。
それ以外は特に懸念点は見当たらない。

フェアリーポルカは栗東CWでの単走追い
ストライトはしっかり伸びており
馬も集中して最後まで走れており
順調に調整されてきている印象。

エールヴォアは栗東坂路での単走追い。
終始馬なりでしたが4F53秒8-12秒3と時計は出ている。
手応え楽な印象で仕上がりも良さそう。

ウインゼノビアは美浦南Wでの単走追い。
手前を替えるのにややもたついていたが
それ以外は特に懸念すべき点はなし。
ストライドもしっかり伸びており
状態は良さそう。

ジョディーは美浦ポリトラックコースでの2頭併せ
先週もポリトラックコースで追い切りしており
疲れでも残っているのか?と疑いが残る。
内容は軽く動きとしては物足りない印象。

メイショウショウブは栗東坂路での単走追い。
4F52秒3-12秒0と時計は優秀。
脚元の踏み込みは力強いが頭の位置は高め。

フィリアプーラは美浦南Wでの2頭併せ
ラストは追ったがクビ差の遅れ。
馬に活気はあるが全体的に動きは硬い印象。

シェーングランツは美浦南Wでの2頭併せ
パートナーを3馬身ほど先行させ
ラストは追ったものの1馬身の遅れ。
この馬もフィリアプーラと同じく動きは硬い。

カレンブーケドールは美浦南Wでの2頭併せ
ラスト促して併入したがストライドが狭く動きも硬い。
マイナス評価するほどでもないが状態が上がっているようには感じない。
スポンサードリンク

東京11R オークス

軸馬 ビーチサンバ

桜花賞馬グランアレグリアがいない事もあってオッズは混戦模様。
しかも2400mという距離を走るのも初めてというメンバーなので
なかなか難しいレース。

毎年桜花賞組が馬券に絡んでいるので今年も桜花賞の上位組の中から
選ぶのがセオリーでしょう。

追い切り診断でA評価に推した2頭はいずれも
前走桜花賞組の馬ですので十分馬券に絡む余地ありと見て
この2頭の中からビーチサンバを軸馬に据えたい。

やはり先週のヴィクトリアマイルを見ても
牝馬に乗った時の福永騎手は頼もしく映り
今回もやってくれるのでは?と期待している。
相手には外国人騎手が乗っているラヴズオンリーユー、コントラチェックを重視。
以下ヒモは手広く勝負していきたい。
買い目
ワイドBOX
3,13,16(3点)
三連複フォメ
16-3,13-2,3,5,7,8,11,12,13,14,15(17点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断