ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

福島記念2016、出走予定、ゼーヴィントが人気もデータ的に見ると勝つ馬は意外な馬

ラジャカジャです。
今日は日曜日に福島で行われる古馬のハンデ戦
福島記念2016を考察していきたいと思います。
昨年は2番人気→1番人気→4番人気と堅い決着で決まりましたが
過去10年で三連単10万馬券以上の配当が5回も出るなど荒れる傾向が強いレースです。
なので高配当を目指してしっかり予習していきたいと思います。
dc67ec74b23fe2760eb31d3d2dea9a07_s
スポンサードリンク

目次

出走予定馬
予想オッズ
過去レースデータ
まとめ

出走予定馬

登録してきたのは21頭。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおりです。
福島記念2016出走予定馬アドマイヤフライト56.0 未定
ウインインスパイア53.0 黛弘人
オリオンザジャパン53.0 丸田恭介
クランモンタナ 56.0 和田竜二
ケイティープライド52.0 鮫島克駿
サイモントルナーレ48.0 石神深一
シャイニープリンス56.5 北村友一
ゼーヴィント 55.0 A.シュタルケ
ダイワドレッサー 52.0 川須栄彦
ダイワリベラル 56.0 北村宏司
ダービーフィズ 56.0 田中勝春
ヒラボクプリンス 54.0 未定
ファントムライト 55.0 丸山元気
フレイムコード 51.0 菱田裕二
プロフェット 54.0 石橋脩
マイネグレヴィル 52.0 未定
マイネルハニー 54.0 柴田大知
マイネルラクリマ 57.5 丹内祐次
マルターズアポジー54.0 武士沢友治
マーティンボロ 57.0 中谷雄太
ヤマニンボワラクテ55.0 藤懸貴志

トップハンデはマイネルラクリマで57.5kg
最軽ハンデはサイモントルナーレで48.0kg
前走セントライト記念で2着したゼーヴィントにはシュタルケ騎手が騎乗。
福島コース2戦2勝で前走京成杯AH4着ダイワリベラルには北村宏司騎手が継続騎乗。
2走前に小倉記念を制したクランモンタナには和田騎手が騎乗予定です。

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
ゼーヴィント 2.0倍
マイネルハニー 4.8倍
ダイワリベラル 7.7倍
クランモンタナ 10.4倍
ダイワドレッサー 13.8倍
シャイニープリンス16.1倍
ヤマニンボワラクテ18.2倍
オッズ的にはゼーヴィントは少し抜けた人気。
ただ2番手以降もそんなに離れたオッズではないので
荒れる可能性も十分に感じるオッズかなと思います。

予想1番人気ゼーヴィント
2走前にラジオNIKKEI賞を快勝し前走のセントライト記念では
ディーマジェスティにクビ差の2着と3歳世代でも実力は上位の存在。
てっきり菊花賞に出てくるものかと思いましたが
福島記念に出走というのはちょっとびっくり。
同世代のトップホースとGIを争うよりは古馬相手のGⅢの方が勝つ可能性が高いという判断なのでしょうか。
まあラジオNIKKEI賞を見る限り福島コースは得意そうですし
古馬相手とは言えそこまで強いメンバーではありませんし
斤量55kgで乗れるのは有利でしょう。
鞍乗はシュタルケ騎手
外国人騎手の中ではあまりパッとしない騎手(個人的は感想です)ですが
ここは重賞を勝てるチャンスでしょう。

予想2番人気マイネルハニー
前走5ヶ月ぶりのレースだったアイルランドトロフィーで逃げて2着。
ハギノハイブリッドには差されましたがクラリティスカイ、サトノラーゼンといった古馬には先着。
引き続き柴田大知騎手が騎乗ですしここも逃げの手に出てどこまで粘り込むか?という競馬をするでしょう。

予想3番人気ダイワリベラル
中山コースで4勝を挙げている馬ですがコース形態が似ている福島も
2戦2勝と得意にしています。
ここ最近はマイルを中心に使われていますが2000mでも勝ったことがありますし
距離延長は問題ないでしょう。
鞍乗は前走に引き続き北村宏司騎手
今季は落馬負傷の影響で騎乗出来ない時期が長くありましたが
8月に復帰以降12勝を挙げ少しづつ調子も戻ってきました。
今年はまだ重賞未勝利ですが昨年まで12年連続して重賞勝ちしている騎手ですから
ここら辺で勝っても良さそうな雰囲気は感じます。

予想4番人気クランモンタナ
2走前の小倉記念で11番人気という低評価ながら勝利し、
7歳になって嬉しい重賞初制覇を挙げました。
その時に騎乗した和田騎手が今回も騎乗しますが
福島コースは過去2戦して4着、14着と相性はあまり良くない感じ。
今回も小倉記念の時のように先行して内で脚を溜めて直線早めに抜け出すという競馬をしたいところでしょう。
ただ今回は多頭数の競馬になるだけに外枠に入ってしまうようだと厳しいか。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年のレースデータから馬券のヒントになりそうなデータを
チョイスしていきたいと思います。
*2011年は新潟開催でしたので2005年~2010年、2012年~2015年の10年分のデータを参考にします。
・前走6着以下の馬に注目
前走の着順別成績に注目すると前走1着馬から勝ち馬は出ておらず
3着以内の好走率で見ると前走2,3着馬の成績が良い。
ただ注目すべきは前走6着以下に負けた馬
過去10年で8勝2着5回3着7回という結果なので
このレースは前走惨敗した馬が巻き返してくるレースと言っていい。
前走着順 着別度数
前走1着 0- 2- 1-11/14
前走2着 2- 0- 1- 4/ 7
前走3着 0- 2- 1- 4/ 7
前走4着 0- 0- 0- 4/ 4
前走5着 0- 1- 0- 4/ 5
前走6~9着 2- 3- 2-38/45
前走10着~ 6- 2- 5-62/75
・勝ち馬は前走重賞レースに出ていた馬
前走クラス別成績を調べると
前走OP特別や1600万クラスの馬からも連対馬が出ていますが
勝っているのは全て前走重賞に出ていた馬でした。
前走クラス 着別度数
1000万下 0- 0- 0- 3/ 3
1600万下 0- 3- 0- 6/ 9
OPEN特別 0- 4- 2- 37/ 43
G3 5- 1- 5- 41/ 52
G2 2- 1- 2- 34/ 39
G1 3- 1- 1- 5/ 10
前項のデータと合わせると勝ち馬は重賞で6着以下に敗れていた馬。
クランモンタナ、ダイワドレッサー、プロフェット、マイネグレヴィル、
ヤマニンボワラクテの5頭が該当する。
勝ち馬はこの中のどれかか。
・前走6番人気以下だった馬
前走の人気別成績を調べてみるとこちらでも同じような結果が。
前走1番人気の馬は未勝利で前走6番人気以下だった馬が
9勝2着4回3着6回という成績。
前走人気 着別度数
前走1人気 0- 1- 1- 3/ 5
前走2人気 1- 1- 1- 4/ 7
前走3人気 0- 4- 1- 7/12
前走4人気 0- 0- 1- 4/ 5
前走5人気 0- 0- 0-16/16
前走6~9人 4- 1- 2-33/40
前走10人~ 5- 3- 4-61/73
前走重賞に出走し、6番人気以下で6着以下に負けていた馬となると
クランモンタナ、ダイワドレッサー、プロフェット、マイネグレヴィルの4頭
・枠番は5枠より内
下記の表を見れば一目瞭然ですが内枠に入った馬が圧倒的に有利です。
好走率で考えると1枠~3枠に入った馬がいいですし
少なくとも勝ち馬は5枠より内に入った馬しかいません。
1番人気が確実なゼーヴィントが3枠より内に入れば堅い軸馬と考えて良さそうですが
外枠に入った場合はかなり割引が必要でしょう。
枠番 着別度数
1枠 3- 3- 1-12/19
2枠 1- 1- 3-15/20
3枠 5- 0- 0-15/20
4枠 0- 2- 0-18/20
5枠 1- 2- 1-16/20
6枠 0- 1- 1-18/20
7枠 0- 1- 1-18/20
8枠 0- 0- 3-16/19

まとめ

全ては枠順が決まってからですが上記のデータで最後まで残った
クランモンタナ、ダイワドレッサー、プロフェット、マイネグレヴィルの4頭は
データ的に勝つ可能性が高いので5枠より内に入った場合は積極的に買いたい。
若しくはゼーヴィント軸に上記の馬に流すという馬券でもいいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望