ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

東京スポーツ杯2歳ステークス2016、出走予定、注目はトラストではなく新馬勝ちのあの馬

ラジャカジャです。
今週土曜日に東京で行われる2歳重賞
東京スポーツ杯2歳ステークス2016を見ていきたいと思います。
過去10年の主な勝ち馬を挙げてみると
2014年サトノクラウン(2015年日本ダービー3着)
2013年イスラボニータ(2014年皐月賞1着
2012年コディーノ(2013年皐月賞3着)
2011年ディープブリランテ(2012年日本ダービー1着
2010年サダムパテック(2011年皐月賞2着)
2009年ローズキングダム(2010年日本ダービー2着)
2006年フサイチホウオー(2007年皐月賞3着)
というようにこのレースの勝ち馬が翌年の皐月賞、日本ダービーで幾度となく馬券に絡んでいます。
翌年のクラシックに向けての”出世レース”と言ってもいいでしょう。
馬券も的中させたいですが来年の3歳クラシックを見据える上でも注目したいレースです。
3eda3b5b5d739246a6a13ac09532be08_s
スポンサードリンク

目次

出走予定馬
予想オッズ
過去レースデータ
まとめ

出走予定馬

登録してきたのは14頭。
昨年も11頭と少頭数のレースでしたし、過去10年でフルゲート(18頭)になったことはありません。
ただこの時期の2歳戦ですとまだデビューして間もない馬もなかりいますので
その中で重賞に挑戦してくる馬となると数は限られますから
頭数が少なくなってしまうのはある意味仕方ないですね。
本当は多頭数の方が荒れる確率が高くなりますので購買意欲も増すのですが・・・
馬名と斤量、騎乗予定の騎手は以下のとおりです。
東京スポーツ杯2歳ステークス2016出走予定馬エトルディーニュ 55.0 未定
エルデュクラージュ55.0 R.ムーア
オーバースペック 55.0 岩部純二
キングズラッシュ 55.0 田辺裕信
ジュンヴァリアス 55.0 北村宏司
ショワドゥロワ 55.0 M.バルザローナ
スワーヴリチャード55.0 四位洋文
トラスト     55.0 柴田大知
フクノクオリア 55.0 横山典弘
ブレスジャーニー 55.0 柴田善臣
マイネルエパティカ55.0 松岡正海
ムーヴザワールド 55.0 C.ルメール
ローズプリンスダム55.0 大野拓弥
ワカコマタイヨウ 54.0 未定

前走札幌2歳Sを圧勝したトラストは中央に転厩となりました。
転厩先が美浦ではなく栗東だというところにこの馬の期待度が表れている気がします。
(GI勝つなら関東よりも関西という事でしょう。)
ここも勝つようなら岡田総帥の祈願でもあるダービー制覇も現実味を帯びて来そうです。
鞍乗は今回も岡田総帥のお気に入り柴田大知騎手
この騎手でダービーを勝つシーンを是非見てみたい。
同じく前走サウジアラビアロイヤルカップを勝って重賞制覇したブレスジャーニー
引き続き柴田善臣騎手
ベテラン騎手で過去にGIをいくつも勝っている騎手ですが
牡馬、牝馬含め3歳クラシックレースを勝ったことは1度もありません。
久々にクラシックを意識できる馬にめぐり合えたのでここも勝って更に勢いをつけたいところ。
もう1頭、柴田善臣騎手のお手馬だった2戦2勝のキングズラッシュには田辺裕信騎手が騎乗。
こちらも期待のルーラーシップ産駒だけにこのメンバー相手にどんな走りをするか注目。

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
ムーヴザワールド 2.3倍
トラスト      3.8倍
ブレスジャーニー 4.6倍
スワーヴリチャード6.6倍
キングズラッシュ 10.3倍
エルデュクラージュ12.4倍
オーバースペック 16.9倍
予想1番人気に支持されたのは前走重賞勝ちしているトラスト、ブレスジャーニーではなく
前走新馬勝ちしたムーヴザワールド。
ディープインパクト産駒でルメール騎手騎乗ということで
実績よりも期待値の大きさで支持されている感じです。

予想1番人気ムーヴザワールド
ディープインパクト産駒 1戦1勝
1つ上の兄にタッチングスピーチがいる血統。
新馬戦ではエアスピネルを兄に持つエアウィンザーと対決。
1番人気の座は相手に譲ったがレースでは勝利しました。
直線で1度はエアウィンザーに突き放され「勝負あったか」と思われたところ
残り200mを切ってから加速し内から鮮やかな差し切り勝ちを見せました。
強さだけでなく根性も相当ありそうな感じですし、
トラスト、ブレスジャーニーという強豪相手にも勝つようならば
来年のクラシックに向けて「スター候補が誕生した」と言っても過言ではないでしょう。

予想2番人気トラスト
スクリーンヒーロー産駒 4戦3勝
前走の札幌記念では5番人気という低評価ながら
鮮やかな逃げ切り勝ちを披露しました。
今回中央に転厩しての初戦ということでどんな走りをするか注目ですが
ごまかしの効かない東京1800m戦だけにここでも逃げ切り勝ちできれば
かなりの大物と言ってもいいでしょう。

予想3番人気ブレスジャーニー
バトルプラン産駒 3戦2勝
前走のサウジアラビアロイヤルカップではダンビュライト、クライムメジャーと言った
期待の関西馬を撃破。
それだけに前走の勝利は陣営にとってもかなり自信になったはず。
今回も関西から良血ムーヴザワールドが来ているので
再度西からの刺客を倒して来年のクラシック戦線に名乗りを挙げたいところ。

予想4番人気スワーヴリチャード
ハーツクライ産駒 2戦1勝
新馬戦はスタート時に横を向いていて後手を踏んでしまい
直線でも前が壁になるなどして追い出しが遅れるなどあり
脚を余しての敗戦でした。
2戦目もスタートはあまりよくありませんでしたがスムーズな競馬ができて圧勝でした。
ともに2000mのレースに出走するなどクラシックを意識した使われ方をしているのは好印象。
予想では4番人気に甘んじているがレースを見た限り上位との差はなく勝ち負けが期待できる逸材と思う。
スポンサードリンク

過去レースデータ

過去10年のレースデータから馬券的中のヒントになりそうなデータを調べ
紹介していきたいと思います。
・1番人気は連対率7割
人気別成績を調べると1番人気は5勝2着2回という成績で
勝率5割、連対率7割となかなかの好成績を残しています。
3着は1度もないので単系の馬券で買うなら三連単の1着固定か2着固定がいいでしょう。
1番人気~5番人気までで8勝2着9回とほぼ独占しているので
馬連で買うなら人気上位馬だけ買っとけばいいのかもしれません。
人気 着別度数
1番人気 5- 2- 0- 3/ 10
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10
3番人気 0- 4- 0- 6/ 10
4番人気 2- 2- 1- 5/ 10
5番人気 0- 0- 2- 8/ 10
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10
7番人気 0- 0- 2- 8/ 10
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10
9番人気 2- 0- 2- 6/ 10
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10
12番人気 0- 0- 1- 8/ 9
・前走1着馬
前走の着順別成績を調べると下記の表でもわかる通り
このレースは前走2着までに入った馬でほぼ決まっています。
中でも前走1着馬の成績が抜きん出ています。
これだけ成績が偏っているなら前走1着馬だけ買っとけばいいかもしれません。
前走着順 着別度数
前走1着 9- 8- 8-63/88
前走2着 1- 1- 1-13/16
前走3着 0- 0- 1- 7/ 8
前走4着 0- 1- 0- 4/ 5
前走5着 0- 0- 0- 7/ 7
前走6~9着 0- 0- 0-13/13
前走10着~ 0- 0- 0- 6/ 6
・前走新馬戦を勝った馬
前走クラス別成績を調べますと
前走新馬戦を勝った馬が6勝していて勝率、連対率ともに18.8%でトップ。
次に良いのは前走OP特別を使った馬で複勝率は25.6%という成績。
逆に割引きなのが前走重賞に出走していた組。
GⅡ、GⅢ合わせて18頭出走していますが馬券に絡んだのは2頭のみというのは
ちょっと意外ですね。
前走クラス 着別度数
新馬 6- 0- 2- 24/ 32
未勝利 1- 2- 4- 27/ 34
500万下 0- 2- 0- 14/ 16
1000万下 0- 0- 0- 0/ 0
1600万下 0- 0- 0- 0/ 0
OPEN特別 2- 4- 4- 29/ 39
G3 1- 1- 0- 13/ 15
G2 0- 0- 0- 3/ 3
・前走のレースで上がり3F2位以内
直線の長い東京コースだけに上がりの速い脚を使える馬が有利かと思いますが
実際上がり3F最速の時計をマークしていた馬が過去10年で8連対していました。
同様に前走のレースについて調べると前走で上がり3Fの時計で2位以内の時計をマークしていた馬が
9勝2着8回3着9回と高確率で馬券に絡んでいますので
これは注目すべきデータと言っていいでしょう。
前走脚質 着別度数
3F 1位 4- 5- 5- 39/ 53
3F 2位 5- 3- 4- 29/ 41
3F 3位 0- 0- 0- 13/ 13
3F~5位 1- 1- 1- 12/ 15
3F6位~ 0- 0- 0- 17/ 17
今回の出走メンバーで前走で上がり3F2位以内だったのは以下の馬
エルデュクラージュ
オーバースペック
キングズラッシュ
ジュンヴァリアス
スワーヴリチャード
ブレスジャーニー
ムーヴザワールド
結構いますね・・・

まとめ

上記のデータを総合すると1番信頼できそうなのは
やはりムーヴザワールドでしょう。
なので本命はこの馬でいきたいと思います。
相手は追い切り等を見た上で決めたいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望