ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

マイルチャンピオンシップ2016、今年は波乱の予感大!影に隠れた実力馬が好走する?

ラジャカジャです。
昨日に引き続きマイルチャンピオンシップ2016について書いていきたいと思います。
昨日はこのレースの主要ステップである
天皇賞(秋)
富士ステークス
スワンステークス
について書きましたが
今日は他の路線から参戦する馬について書いていきたいと思います。
中でも前走でモーリスを破ったネオリアリズム
前走スプリンターズS2着からの参戦ミッキーアイル
牝馬のマジックタイム
毎日王冠から参戦のディサイファ、ダノンシャークについて
個人的な見解を書いていきたいと思います。
5617ff83d7806da4e7966c9ca4c8bdd8_s
スポンサードリンク

有力馬考察

ネオリアリズム

今回の出走メンバーの中で最も実力がベールに包まれている馬といっていいと思います。
前走札幌記念ではモーリスに2馬身差をつける圧勝劇を演じました。
それまでは重賞レースに挑んではいたものの3戦して3着が1回のみという成績だったので
重賞で勝つにはもうワンパンチ足りない馬」というイメージでしたが
前走逃げの手に出ると一変しました。
当然天皇賞(秋)に挑戦するかと思われたところ1600mのGIに挑んできました。
1600mはこの馬にとっては初めての距離で関西への輸送も初めてとなるので
そのあたりが懸念材料ですが「モーリスに完勝した馬」に世界の名手ムーア騎手が騎乗すれば
初めてのマイル戦でもあっさり勝ってしまう可能性もないとは言えないでしょう。
事実札幌記念は強い内容でした。
やや重の馬場を前半1000m59秒9で逃げています。
同じ日に行われた芝2000mの500万クラスのレースでは1000m通過が61秒1だったことを考えても
逃げ馬にとって楽なペースとは言えない流れでした。
事実ネオリアリズムの2,3番手で競馬していたマイネルフロスト、レッドリヴェールあたりは
追走で一杯になってしまって6着、16着と惨敗しています。
そんな流れを自らで演出しモーリス以下に2馬身以上の差をつけて勝った
この時のネオリアリズムは強いの一言。
ただこの馬はそれまで札幌コースは2戦2勝している洋芝巧者で
誰もこの馬が逃げるとは考えておらず、時計で見る以上に楽な展開で
進められたことも事実でしょう。
そういう意味では騎乗したルメール騎手の好判断だったと言っていいと思います。
ただ今回はルメール騎手ではなくムーア騎手が騎乗。
この辺の乗り替わり事情はよく分かりませんが
この馬が天皇賞(秋)に出走しなかったのは一言で言えば
モーリスを勝たせたかったから」でしょう。
安田記念後は2000mのGIに挑むことが発表されていましたから
モーリスが天皇賞(秋)に出走することは規定路線でした。
それに合わせてR・ムーア騎手も来日し「このコンビでGIを獲る」という流れができていました。
なのでネオリアリズムのオーナーサイドには天皇賞出走は遠慮してもらう代わりに
次走ではムーア騎手に乗ってもらいます」と言った裏約束があったのかもしれません。
(すべて私個人の妄想にすぎませんが)
堀厩舎としてはモーリスに天皇賞(秋)を勝たせるのが至上命題だったと思います。
(種牡馬になった時に1600mのGIしか勝っていないのと2000mのGIを勝っているのとでは
種付け料も変わってくるでしょうから)
堀厩舎の中ではモーリス>ネオリアリズムという格付けは変わっていないでしょうが
もし万が一ネオリアリズムに勝たれたらそれはそれでまずい状況になりますので
それを回避するための策といえるかもしれません。
(この辺も私個人の妄想でしかありません)
それを踏まえた上でネオリアリズムのマイルチャンピオンシップ出走を考えると
馬よりも人の思惑優先で動いているので「この馬は買えない」というのが個人的な見解です。
それに今回はミッキーアイルが出走するので前走のように逃げの手に出るのはほぼ不可能でしょう。
ミッキーアイルは1200m戦でも逃げるほどスタートの速い馬ですから
この馬とハナ争いするよりは出たなりの位置で競馬して折り合いをつける競馬をすると思います。
そう考えるとこの馬を買う要素は全くなくなってしまいます
スポンサードリンク

ミッキーアイル

前走は本来ならセントウルステークスを叩いてスプリンターズSを使いたかったでしょうが
調整が遅れて高松宮記念からぶっつけでのGI挑戦でした。
ただ今年のスプリンターズSはハクサンムーンやローレルヴェローチェのように
何が何でも逃げる」というタイプの馬がおらずマイペースの逃げを打てたのが
スプリンターズSで2着に好走した要因だと思います。
今回はひと叩きされて状態も上積みが期待できますし
スプリンターズS同様にマイペースの逃げが打てそうなメンバーですからここも十分期待が持てそう

マジックタイム

昨年の10月以降8戦して馬券に絡めなかったのはヴィクトリアマイルの1回のみ。
今年4月のダービー卿チャレンジトロフィーでは安田記念を制したロゴタイプを倒し、
前走の府中牝馬ステークスではエリザベス女王杯を制したクイーンズリングに負けたものの
スマートレイアー、シングウィズジョイあたりには先着しているので
牡馬相手のGIでもそれなりに通用しそうな雰囲気は感じます。
関西への輸送も今年の2月に経験していますし(京都牝馬S2着)、
鞍乗も穴っぽい外国人騎手(シュタルケ)ですからこの馬は是非押さえたいと感じる1頭

ダノンシャーク

2014年の覇者ですがもう年齢も8歳となり近走の成績を見てもピークは過ぎた感は否めません。
ただ京都の1600mに限って見てみると12戦して2勝2着5回3着3回の成績で馬券圏外だったのは
2012年と2015年のマイルチャンピオンシップのみ。
今年も4月のマイラーズカップではフィエロに先着した上での2着と相変わらずコース適正の高さを示しています。
鞍乗は前走GIで2着だったにもかかわらずミッキーアイルから下ろされた松山騎手。
あの馬だけには負けない」とばかりに意地の騎乗を見せ今年の波乱の立役者となる可能性は十分にありそう。

ディサイファ

昨年は重賞2勝を上げ天皇賞(秋)でも3番人気に支持されるなど
もっとも充実した競馬人生を送っていた同馬。
今年も1月のAJCCを制するなど相変わらずの好調ぶりを見せていましたが
前走の毎日王冠後は天皇賞(秋)ではなくこちらに挑戦してきました。
主戦場は1800m~2200mなので1600mはどうなのか?と思いますが
安田記念は6着に負けましたが勝ったロゴタイプとは0.3差。
モーリスとは0.1差の接戦でした。
前走の毎日王冠にしても伸びない内目の馬場を通っての6着で
ある意味敗因がはっきりしているので前走の惨敗で人気が下がる分配当的な妙味は物凄く感じます。
先行脚質でもあり逃げるミッキーアイルを最も捕まえやすい位置で競馬できるのはこの馬でしょう。
関西への遠征も過去2度あり(阪神、京都で1度)いずれも2着と好走しているので輸送の心配も少ないでしょう。
京都得意なディープインパクト産駒で鞍乗も過去2度このレースを制している武豊騎手
(ひょっとしたら武豊騎手の進言もあって天皇賞ではなくこちらへ来たのかもしれません)
重賞4勝(うちGⅡ2勝)も挙げている実力馬なのに予想の段階で11番人気という低評価。
特に今年はどの馬が勝ってもおかしくないと言われるほどの混戦模様ですから
影に隠れた実力馬が好走する下地ができていると思います。

まとめ

人気薄の中で1番買いたいと感じるのはディサイファ
なので現時点ではサトノアラジン、ミッキーアイル、ディサイファを重視して
馬券を組み立てて買ってみたいと考えています。
スポンサードリンク

-重賞展望