ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

ジャパンカップ2016、出走予定馬、予想ではリアルスティール1番人気だが・・・

ラジャカジャです。
今週行われるジャパンカップ2016について今日と明日の2回に分けて
じっくり考察していきたいと思います。
1回目の今日は出走予定馬の紹介と予想オッズ
有力馬に対するデータを元にした個人的見解を書いていきたいと思います。
ジャパンカップは個人的には馬券で結構儲けた過去があるレースなので
今年も当てられたら良いなと思っています。
また本日浦和競馬場で行われる交流重賞
浦和記念の予想についても書いていきたいと思います。
03669ea41cacf9db4d6ce666becd6b89_s
スポンサードリンク

目次

出走予定馬
予想オッズ
有力馬紹介
浦和記念2016予想

出走予定馬

登録してきたのは日本馬18頭、外国馬3頭の合わせて21頭。
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
キタサンブラック 57.0 武豊
ゴールドアクター 57.0 吉田隼人
サウンズオブアース57.0 M.デムーロ
シュヴァルグラン 57.0 福永祐一
ディーマジェスティ55.0 蛯名正義
トーセンバジル 57.0 内田博幸
トーホウジャッカル57.0 酒井学
ビッシュ      53.0 幸英明
ヒットザターゲット57.0 小牧太
フェイムゲーム 57.0 北村宏司
ラストインパクト 57.0 川田将雅
リアルスティール 57.0 R.ムーア
ルージュバック 55.0 戸崎圭太
レインボーライン 55.0 C.ルメール
ワンアンドオンリー57.0 田辺裕信
外国馬
イキートス 57.0 未定
イラプト     57.0 P.ブドー
ナイトフラワー 55.0 A.シュタルケ
除外対象
トウシンモンステラ57.0
ジャングルクルーズ57.0
出走回避
アルバート 57.0
なかなか豪華な顔ぶれだと思いますが
注目したいのは騎乗する騎手の乗り替わりについて
前走天皇賞(秋)で7番人気という低評価の中2着と好走した
リアルスティールはM・デムーロ騎手からR・ムーア騎手に乗り替わり。
ノーザン系の馬は前走の結果うんぬんに関係なく強い馬にはR・ムーア騎手を
優先的に騎乗させる傾向が見られます。
誰よりも信頼しているのはこの騎手という感じでしょう。
そのM・デムーロ騎手はサウンズオブアースに騎乗。
この馬一昨年の菊花賞2着、昨年の有馬記念2着とGIで好走していますが
実はまだ重賞未勝利馬。
何となくフィエロとダブってみえるのは気のせいか。
もう一人忘れてはいけないのがC・ルメール騎手。
騎乗するのはレインボーライン
春先はマイラー色の強い馬でしたが札幌記念3着、菊花賞2着とここ2戦で
脱マイラーに成功。
札幌記念でモーリス相手にクビ差の競馬をしていたことを考えると
ここでも十分されそうな期待感は感じる馬。
因みにエリザベス女王杯では当初ルメール騎手はクィーンズリングに騎乗する予定でしたが
ジュエラーが回避したことM・デムーロ騎手がクィーンズリングに乗り替わりとなった経緯があります。
それを踏まえるとノーザンファームでの騎手に対する現在の評価は
ムーア>M・デムーロ>ルメールで間違いないでしょう。

予想オッズ

続いて予想オッズですがこちらは毎度ながらnetkeiba.comから拝借しますと
人気上位馬と予想オッズは以下のようになっています。
リアルスティール 3.8倍
キタサンブラック 3.9倍
ゴールドアクター 4.0倍
ディーマジェスティ5.5倍
シュヴァルグラン 7.8倍
レインボーライン 13.5倍
サウンズオブアース14.6倍
ルージュバック 15.4倍
&nbsp
上位はかなり競っている感じですが1番人気はリアルスティール
前走の天皇賞(秋)はモーリスに負けたものの非常に強い内容の2着。
ムーア騎手騎乗もありこの人気になっている印象。
前走は7番人気だったのにわずか1戦でこの評価。
オッズは人間の心理をよく表していますね。
以下キタサンブラック、ゴールドアクター 、ディーマジェスティと続き
5番人気に支持されているシュヴァルグランまでが人気上位馬という感じですが
オッズ的に上位はかなりの混戦模様。
8番人気ルージュバックでも15倍という評価なのでどういう組み合わせで来ても驚けない感じ。
スポンサードリンク

有力馬紹介

明日もジャパンカップの考察をしますので
取り合図今日は予想オッズで1番人気~3番人気までの上位馬を見て行きたいと思います。
リアルスティール
3歳時は皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着とクラシックに手が届きませんでしたが
今年のドバイ遠征で初GIを制覇。
凱旋レースとなった安田記念では11着とキャリア初の惨敗を喫しましたが
前走の天皇賞・秋では2着と存在感を十分に示しました。
ジャパンカップは1番人気が過去10年で勝率3割り連対率6割、複勝率8割という結果を残しており
前走天皇賞(秋)を使った馬が3連勝中でもあるので
(今回のメンバーで前走が天皇賞・秋だった馬はこの馬とルージュバックのみ)
実際にこの馬が1番人気に支持されたなら馬券に絡む確率はかなり高いと考えるべきでしょう。
ただ3歳時に勝った共同通信杯以来国内での勝利がない点からして
この馬は勝ち運があまりない馬だと思うのでここは2着か3着というイメージがすごくある

キタサンブラック
これまで11戦走って馬券に絡めなかったのはわずか1回。
GI2勝を含む重賞5勝という実績は今回のメンバーの中では最上位の存在でしょう。
スタミナ比べとなった天皇勝・春を制し道悪だった宝塚記念でも逃げて3着と崩れませんでした。
この馬の場合マイペースの逃げを打てた時は異常なほど粘りを発揮するので
今回もこの馬以外で逃げ馬らしい逃げ馬がおらずマイペースで逃げられそうな展開が予想されるので
有利な流れで競馬が出来そう。
懸念材料は唯一馬券に絡めなかった日本ダービー14着と同じ距離・コースということでしょうか。
ただその時は逃げずに2番手の競馬でしたし完全に差し馬向きの流れでしたので
ある意味仕方なかったと思います。
ただ東京コースがピッタリの馬というイメージでもないのでこの馬も
馬券には絡めどアタマまでは・・・」というタイプに見える。

ゴールドアクター
昨年の有馬記念で8番人気という低評価を覆して快勝したのがまだ記憶に新しい。
何となく中山巧者のイメージが強い馬ですが
東京2400mも3戦して1勝2着1回と悪くない成績。
前走のオールカマーでも甘めの仕上げながら完勝しているので
今回のメンバーでは実力、コース適正の面で最上位の存在と言える。
懸念材料とすれば前走オールカマーからジャパンカップというローテがそもそも異例だということ。
過去10年でこういうローテを辿った馬は1頭しかいなく、
本来ならばオールカマー→天皇賞(秋)→ジャパンカップというローテのはず。
それをあえて天皇賞を飛ばしたのは暮れの有馬記念で連覇を目指しているから
そう考えるとピークは有馬に持ってくるでしょうからここはメイチには仕上げてこない可能性もあるか。

こうして人気上位3頭をみるとアタマで来る馬という感じでもないような気がします。
明日は予想4番人気以下の馬を見ていきたいと思います。

浦和記念2016予想

11頭立てでJRAからは4頭が参戦。
地方馬からはハッピースプリント、サミットストーンなどの実績馬も参戦していますが
近走の成績を見ると調子を落としている感じがするので
ここはJRA勢による勝負と見ます。
本命はケイティブレイブ
前走は2番手からの競馬で快勝。
必ず逃げないとダメというタイプではないのでここも
サミットストーンが行くようならば行かせて番手で折り合うという競馬をするでしょう。
相手は単純に
クリソライト
ストロングサウザー
メイショウヒコボシの3頭
配当はかなり安くなりそうなので
ケイティブレイブを1着固定の馬券で勝負してみたい。
買い目
馬単流し
6→1,9,11(3点)
三連単1着固定
6→1,9,11→1,9,11(6点)
スポンサードリンク

-重賞展望