ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

ジャパンカップ2016、枠順確定!追い切りから推奨したいのは3歳馬の2頭!

ラジャカジャです。
ジャパンカップ2016の枠順が確定しました。

1枠1番 キタサンブラック(牡4、武豊)
1枠2番 ビッシュ(牝3、幸英明)
2枠3番 ゴールドアクター(牡5、吉田隼人)
2枠4番 ルージュバック(牝4、戸崎圭太)
3枠5番 イキートス(牡4、I.ファーガソン)
3枠6番 ラストインパクト(牡6、川田将雅)
4枠7番 ワンアンドオンリー(牡5、田辺裕信)
4枠8番 イラプト(牡4、P.ブドー)
5枠9番 ディーマジェスティ(牡3、蛯名正義)
5枠10番 トーセンバジル(牡4、内田博幸)
6枠11番 フェイムゲーム(セ6、北村宏司)
6枠12番 サウンズオブアース(牡5、M.デムーロ)
7枠13番 ヒットザターゲット(牡8、小牧太)
7枠14番 レインボーライン(牡3、C.ルメール)
8枠15番 ナイトフラワー(牝4、A.シュタルケ)
8枠16番 リアルスティール(牡4、R.ムーア)
8枠17番 シュヴァルグラン(牡4、福永祐一)
前で競馬するキタサンブラック、ゴールドアクターは良い枠に入りましたね。
ディーマジェスティも内過ぎず外過ぎずで良い枠に入ったと思います。
逆にルージュバックはこの枠だと直線前が壁になって追えないというシーンは十分考えられそう。
外枠に入ったレインボーライン、リアルスティール、シュヴァルグランは
距離ロスは避けられませんが直線はスムーズに外に出せる分
真っ直ぐに追えると思うので考え方次第ではプラスに捕らえる事も出来そう。
ムーア騎手もこの枠ならば内を突く競馬はしないでしょう。

今日はジャパンカップの枠順に関するデータと最終追い切りを見た上で
個人的に推したい馬を書いていきたいと思います。
a6bc7bd53d97aa00dcc9c5f2cc08a8f9_s
スポンサードリンク

目次

ジャパンカップ枠順データ
追い切り推奨馬
まとめ

ジャパンカップ枠順データ

過去10年の枠順別成績は以下の通り
枠番 着別度数
1枠 1- 2- 3-13/19
2枠 2- 0- 1-16/19
3枠 2- 1- 3-13/19
4枠 1- 0- 0-18/19
5枠 0- 3- 1-15/19
6枠 1- 1- 0-17/19
7枠 1- 0- 2-23/26
8枠 2- 3- 0-23/28
イメージとしては内枠に入った馬の方が有利に感じますが
意外とそうでもなく外枠に入った馬でも普通に馬券に絡んでいますね。
過去のジャパンカップのレースVTRをひと通り見ましたが
直線が長いコースなのである程度の距離ロスがあっても
力のある馬なら最後伸びてくるので枠順に関しては内外あまり関係ないように感じます。
むしろ気にすべきは直線でのコース取りの方でしょう。
馬場の広いコースですがやはり騎手はなるべく距離ロスをなくして乗りたいと考えますから
内ラチに沿って走ります。
なので馬群の中で競馬している馬は必然的に前を走る馬を捌きながら走らなければならず
その分のロスの方が痛いです。
去年のレースでもナイトフラワーなどは前が壁になって全く追えずにいましたので
直線でどこのコースを走るかがかなり重要でしょう。
前で競馬できる馬ならば問題ないですが差し馬からしたら内枠よりも
スムーズに外に出せる外枠に入った方が競馬はしやすいでしょう。
ジャパンカップ当日は雨予報となっていますので
少なくともパンパンの良馬場にはならないでしょう。
どの程度雨が降るか分かりませんが
例えば朝方雨が降ってその後雨が止んで馬場が急激に回復した場合
東京競馬場に関しては前で競馬した馬しか馬券に絡みません。
そういう意味では馬場が渋った方が逃げるキタサンブラックに関しては
追い風となるでしょう。
ただこのレース逃げ馬が勝つことはほとんどありません。
遡れば2003年タップダンスシチー、1984年カツラギエースなどがいますが
この時は共に大逃げを打っての勝利でした。
人気も4番人気、10番人気と比較的気楽に競馬ができるポジションでした。
キタサンブラックは大逃げを打つタイプではありませんし
人気上位になることも確実でゴールドアクターにマークされる位置での競馬となるでしょうから
楽には逃げられないでしょう。
なのでキタサンブラックのアタマは少なくともないかなと思っています。
スポンサードリンク

追い切り推奨馬

前走から上積みが見込める馬好調そうに感じられる馬を中心に書いていきたいと思います。

レインボーライン
最終追い栗東坂路4F59.4-12.6 馬なり
1週前と同じく馬なり調教でしたが
走りに躍動感があって馬体にブレが全くないので
完全に仕上がっているな」という印象。
菊花賞の時よりもさらに状態は上がっている感じがします。
正直この馬ディーマジェスティより強いのでは?と思う。
札幌記念では洋芝で重馬場だったのにも関わらず
上がり3F最速で走っていますし
菊花賞ではサトノダイヤモンドには負けましたが強い競馬をしていました。
枠もこの枠ならばスムーズに外に出す競馬が出来そうですし
実際の人気がどのくらいか分かりませんが
かなりの確率で馬券に絡んで来そうな感じがします。

ビッシュ
最終追い美浦南W5F68.3-12.2
レインボーラインと同じくらい高評価したいのがこの馬
この馬も馬なりでラストだけ追ったという内容の最終追いでしたが
走るフォームに無駄な動きが一切ないですし
躍動感があって完璧に仕上がっている感じ。
秋華賞の時も良く見えていましたが今回はそれ以上でしょう。
このメンバー相手にどこまで?」というのはありますが
人気がないようならば是非とも押さえたい1頭。

ラストインパクト
最終追い栗東坂路4F52.6-12.5
上の2頭の動きがあまりにも目立っていたので
評価的には3番手にしましたがこの馬もかなり良い動きに見えました。
結果はともかく前走ひと叩きされ明らかに状態は良くなってきました。
昨年も人気薄で2着と好走しましたし
今回も人気はないでしょうから再び穴を開けるシーンがあっても驚けない。

以上の3頭が個人的に推奨したい馬です。
キタサンブラック、ゴールドアクター、リアルスティールも良く見えましたが
上昇度というか馬自体の状態の良さという意味では
上の3頭が抜けていると感じました。

まとめ

火曜日の時点ではルージュバック本命にしていましたが
枠順が微妙ですし追い切り自体は天皇賞(秋)の方がまだよく感じられたので
追い切りで良く見えたレインボーラインを本命にしようかなと
今のところは思っています。
また当日になれば変わるかもしれませんが・・・
スポンサードリンク

-重賞展望