ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

ジャパンカップ2016、キタサンブラック逃げ切り勝ち!キタサン祭りだワッショイ!

ラジャカジャです。
先週のブログ予想の結果とジャパンカップのレース回顧、
騎手リーディングの行方と今週の予定を書いていきたいと思います。

ジャパンカップですがまさかキタサンブラックがあそこまで圧勝するとは
想像できませんでした。
馬券には絡むだろうけど正直アタマまでは・・・
というのが個人的な見立てでしたが
考えを改めなくてはいけませんね。
病気で入院中だった北島三郎オーナーも競馬場に駆けつけ
ファンの手拍子に乗って「祭り」を歌うという
何とも感動的な一幕も見れて
やっぱりこの馬が勝ってよかったな」と
妙に納得してしまいました。
ae5c5a1a9a608241073ca2bf4bd46728_s
スポンサードリンク

目次

先週のブログ予想の結果
ジャパンカップ2016レース回顧
騎手リーディングの行方
今週の予定

先週のブログ予想の結果

先週のブログ予想は9戦3勝という結果でした。
日曜日
京都3R
馬連1440円的中
東京9R
馬単500円的中
京都12R京阪杯
馬単2020円的中
三連単1万1140円的中
土曜日の予想は軸馬全てが馬券圏外という散々な結果でした。
逆に日曜日は6鞍予想して内5鞍で軸馬が馬券に絡むという好結果でした。
ジャパンカップで本命にしたレインボーラインのみ馬券圏外で
それ以外はしっかり馬券に絡んできたので目の付け所は悪くありませんでした。
しかし惜しかったのは京都2R。
7番人気ニシノキャプテン本命で最後よく伸びて来て3着。
勝った9番人気トーホウドミンゴ、2着した3番人気ショウナンサニーも
しっかり買い目に入っていたのに何故か不的中。
三連複4万8190円も配当がついており
(三連単に関しては48万円も付いていた)
簡単に「惜しい」だけでは済ませられないほどの結果。
相手7頭だったので三連複1頭軸流し(21点)でも良かったなと
今でも後悔している・・・
逆に当たって悔しいのは京都12R京阪杯。
馬単、三連単ダブル的中でしたが
3着は同着になってしまい配当が半分に減ってしまった・・・
かなり際どい勝負でしたがパッと見はフミノムーンが差し切っているように見えたのですが・・・
まあ当たっただけでも良しとしますか。

ジャパンカップ2016レース回顧

勝ったのは1番人気キタサンブラック
過去35回の歴史で逃げ切り勝ちはわずかに2回という
逃げ馬にとっては過酷な東京の2400mでしたが
この馬には何の問題もありませんでした。
ただ上がり3Fの時計がキタサンブラックが34秒7で
最速をマークしたレインボーラインが34秒3とたった0秒4しか違わないので
如何にキタサンブラックが楽に逃げられたかが数字から見ても分かります。
キタサンブラックをマークするようにゴールドアクター、リアルスティールがすぐ後ろを走っていましたが
別に競りかけたりするわけでもなく淡々とペースが流れていたので
武豊騎手も「これなら大丈夫」と余裕を持って騎乗していた印象。
直線も必至に追う後続馬を尻目にギリギリまで追い出すのを待って
ステッキを入れたのは残り300mを切ってから。
スローペースの「直線だけのよ~いドン」という競馬だったので
その流れを得意にしているサウンズオブアースが伸びて来て2着。
3着には最初から3着取りが狙いだったかのような騎乗だったシュヴァルグランが入った。
ゴールドアクター、リアルスティールの2頭は
終始キタサンブラックを射程内に捕らえながら逆に直線で追い負けてしまった印象。
本命にしたレインボーラインも最後差してきましたがこちらは展開が向きませんでした。
正直ゴールドアクターに乗っていた吉田隼人騎手は
あそこまで絶好の位置にいながら何故やすやすとキタサンブラックを逃がしてしまったのだろうと思う。
少なくとも4コーナーの手前くらいで並びかけるくらいしないと。
あれだけノー・プレッシャーで逃がしたらそりゃ逃げ切れるだろうよ。
目標は有馬連覇なのは分かっていますがもう少し勝つための騎乗をしてほしかった。
逆に今回も3着に来たシュヴァルグランの福永騎手。
GI3着職人の面目躍如たる活躍を今回も見せました。
中段より後方で脚を溜め、直線は1番外を回して落ちてきた上位馬を捉えるという
今回もお決まりの騎乗パターンでした。
馬券を買う側としては2、3着で買えばいいだけなので
分かりやすくて嬉しいが馬主的にはどうなんだろ?
福永騎手ではなく外国人騎手が乗っていたら勝っていたんじゃないかな?
と思ってしまうが・・・
今回は馬券に絡むかも?と期待していた外国勢ですが
イキートス(7着)、ナイトフラワー(12着)、イラプト(14着)とやはり今年も馬券には絡めませんでした。
ただ週中に降った雪で最終追い切りが満足に出来なかった影響もあったと思う。
(外国馬3頭は東京競馬場のダートコースでの追い切りでした)
ただイキートスとイラプトはジャパンカップに出走するだけで1000万円の報奨金が貰えたので
悪くない稼ぎだったかも。
スポンサードリンク

騎手リーディングの行方

今年もあと1ヶ月あまりを残すのみとなりましたが
昨日を終えた時点での騎手リーディングの上位10傑は以下のとおり
戸崎圭太  170勝
C.ルメール165勝
M.デムーロ127勝
川田将雅  121勝
福永祐一  105勝
内田博幸  83勝
田辺裕信  75勝
武豊    68勝
岩田康誠  66勝
和田竜二  65勝
リーディングトップは相変わらず戸崎騎手
土曜日に6勝の固め打ちを見せたが
ルメール騎手も土日合わせて4勝を上げまだまだこの2人の熾烈な争いは続きそう。
この2人とM.デムーロ、川田将雅 、福永祐一の5騎手が既に年間100勝を達成。
内田博幸騎手の年間100勝は流石に厳しいでしょう。
今後しばらくはこの上位5騎手で星を奪い合う形になって行きそう。
ただ先週の土曜日、京都9R高雄特別に単勝1.8倍の圧倒的人気馬コルコバードに騎乗して
後方で競馬したまま直線伸びきれず5着に負けた川田騎手について。
レース後オーナーサイドからエージェントに向けて
今後またこんな騎乗したらもう馬は回さない」とのお叱りの連絡が入ったとか。
オーナーの逆鱗に触れれば一気に勝てなくなるのが騎手の世界。
そう考えるといくら今年活躍していても来年も活躍できるという保証は何もない。

今週の予定

今週からは中山・阪神・中京3場開催です。
重賞は土曜日に中山でステイヤーズステークス、中京で金鯱賞
日曜日に中京でチャンピオンズカップが行われますので
週中の予想はこの3レースを中心にやっていきたいと思います。
注目は何といってもチャンピオンズカップでしょう。
前走JBCクラシックで初GIを制覇したアウォーディーが
JRAでのGI制覇に挑みます。
その他コパノリッキー、ホッコータルマエ、サウンドトゥルー、ノンコノユメなど出走予定
JBCクラシックの再戦という色が濃いレースですが
しっかり予習して的中に導きたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧