ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

チャンピオンズカップ2016、出走予定馬、アウォーディーを負かせるのはあの馬だけ

ラジャカジャです。
昨日に引き続きチャンピオンズカップ2016を見ていきたいと思います。
昨日は予想で人気上位5頭の個人的な見解を述べましたが
今日はそれ以外の馬について個人的な見解を述べていきたいと思います。
本当にアウォーディー1強なのか?
巻き返す余地のある馬は?
などを踏まえながら馬券対象となりそうな馬をさがしていきたいと思います。
bfac74fbc56d85dc988c306d2e22c84b_s
スポンサードリンク

目次

出走馬紹介
まとめ

出走馬紹介

アウォーディー、ノンコノユメ、ゴールドドリーム、モーニン 、コパノリッキーについては
昨日の記事で書いていますので今日はそれ以外の馬について
個人的な見解を述べていきたいと思います。

サウンドトゥルー
昨年のこのレースの3着馬。
この時は道中は最後方で競馬して直線も大外に回すなどかなりの距離ロスのある競馬でした。
それでも勝ったサンビスタとは0秒3しかなく
少なくとも最内を通って距離ロスなく伸びてきたノンコノユメよりも強い競馬をしていました。
その後東京大賞典を勝って晴れてGI馬となりました。
おそらく地力というか基礎レベルという点では
もうコパノリッキー、ホッコータルマエよりも上を行っていると思います。
ただ追いこみ一辺倒の脚質なのでノンコノユメ同様に展開に左右されやすく
今年に入ってからは5戦して2着2回3着2回5着1回と勝ちきれないレースが続いています。
そういう意味では今回の中京1800mは直線も長くこの馬の持ち味を如何なく発揮できる舞台でしょう。
日本テレビ盃 ーJBCクラシックと叩いて今回が3戦目。
状態に関しても1番仕上がっているはずですし昨年同様に展開が流れるようならばこの馬の差し切り勝ちも十分考えられるでしょう。
新たなライバル、アウォーディーに対しても前走のレースぶりから見ても
直線の長い中京コースならば逆転できる目は十分あると思います。

ホッコータルマエ
GI10勝を含む重賞14勝という実績は過去のダート路線における
名馬と比較しても遜色のない実績。
その間ドバイワールドカップへも3年続けて挑戦するなど本当にタフな馬。
今年も1月の川崎記念を制した後ドバイワールドカップ→帝王賞という昨年同様のローテ。
秋はマイルチャンピオンシップ南部杯(3着)を叩いて前走JBCクラシックで2着と
相変わらずのタフネスぶりを見せています。
チャンピオンズカップも2014年に制していますしコース・距離に関しては何ら問題ありません。
昨年はコパノリッキーを早めに潰しに行ったため最後は自らもバテテ馬券圏外に飛んでしまいましたが
今回はアウォーディーもいるので昨年のような早仕掛けはしないように思いますが
それでアウォーディーで勝てるか?というと難しいですね。
幸騎手が勝ちにいく競馬をするのか?
それとも2着、3着狙いで競馬するのか?によって結果が大きく変わりそうです。

アポロケンタッキー
前走のみやこSで嬉しい初重賞制覇。
東京コースで3勝しているように左回りのコースに替わるのは歓迎ですが
さすがにこのメンバーに入るとどこまで通用しますか。
前走みやこSで重賞初制覇というのは昨年のロワジャルダンと同じ流れ。
その時のロワジャルダンは4着と好走していますから
この馬も掲示板くらいならあっても良さそう。
騎乗する松若騎手同様に「これからの存在」なので
現時点でGIでどこまで通用するか?を見てみたい。

アスカノロマン
今年1月に東海Sを勝って重賞初制覇。
その後GIフェブラリーSでも3着と善戦、
アンタレスSでは今をときめくアウォーディーに1/2馬身差の2着
そして平安Sでは5馬身差の圧勝と
昨年とは別馬のような活躍を見せました。
帝王賞6着のあと休養に入りマイルチャンピオンシップ南部杯を叩いて
前走みやこSでは確勝を期しましたがまさかの14着に大敗。
直線で前が壁になる不利がありましたが追ってからの反応もなく不可解な惨敗でした。
追い切りでは良い動きをしているように見えたので
当然馬券には絡んでくると思っていましたが・・・
ただ今年前半の競馬を見る限りここでも上位争いできるだけの力を持っていますし
東海Sを制した時と同じコースですから巻き返してくる可能性は十分あるでしょう。
前残りの展開になればアタマは厳しいでしょうが3着くらいなら十分あると思います。

ラニ
今年の3歳馬で最も話題をさらっていたのはこの馬でしょう。
ドバイのUAEダービーを制覇すると
日本馬として初めて本場アメリカの3歳クラシックにフル参戦。
勝つことは叶いませんでしたが最終のベルモントSで3着と大健闘。
アメリカ競馬にしっかりと足跡を残しました。
帰国後はブラジルCで3着と好走したものの前走のみやこSでは見せ場なく13着と惨敗。
ただアメリカ遠征でもそうだったように叩いてよくなるタイプですし
差し・追い込み脚質なので直線の長い中京コースに替わるのはプラス材料。
欲を言えばもう少し距離は長い方がいいですが。
前走の結果で人気も落ちるでしょうし配当的には狙ってみても面白い。
ただこの馬の実力に関しては判断がつきにくい。
ベルモントSで3着したといっても「じゃあ日本馬の中では何番目くらいなの?」という感じです。
ブラジルCで3着したときはそれなりに力があるのかな?と感じましたが
前走のみやこSでは適正不向きだったとしても負けすぎでしょう。
個人的な見解としては3歳馬比較で言えばゴールドドリームの方が上と見ています。
今回のレースで実力が分かるでしょう。
スポンサードリンク

ロワジャルダン
この馬も追い込み一辺倒の脚質ですが
昨年のこのレース4着、今年のフェブラリーSでも5着とGIで好走しています。
前走のみやこSでも内の狭いところを割って伸びて来て差のない3着に来ました。
末脚は堅実で最後必ず伸びてきますが同型のサウンドトゥルー、ノンコノユメと比べると
少し劣るのでよほど恵まれないとここで馬券に絡むのは厳しいか。

タガノトネール
前走の武蔵野Sで2番手から直線は早めに先頭に立つと後続馬を完封し
地方交流を含めて2勝目の重賞をゲット。
昨年の武蔵野Sでも人気だったモーニンを競り落とし勝ったと思ったところを
ノンコノユメに差されて2着でしたので、
元々左回りの1600mはこの馬に適しているのでしょう。
今回も同じく左回りのコースですが距離は200m伸びるのでこれがどう出ますか。
前走の走りからすればこなせそうではありますが
GIだけに前回ほど楽な競馬はさせてもらえないでしょう。

カフジテイク
前走の武蔵野Sで3着と好走。
この時2着に追い込んできたゴールドドリームの上がり3Fの時計が34秒9
対してカフジテイクはそれより0秒7も速い34秒2をたたき出しています。
重賞未勝利馬でこのメンバーと比べたら実績不足は否めませんが
末脚に関してはサウンドトゥルー、ノンコノユメと引けを取らないものを感じます。
1400mを中心に使われてきた馬で1800mに距離延長してどうか?というのは
ありますが後方で脚を溜めて最後爆発させるという競馬スタイルが確率しているので
「ハマるか?ハマらないか?」だけでしょう。
こうして見てみると今回は追い込み脚質の馬が多いですね。

メイショウスミトモ
前走の武蔵野Sで13着に惨敗。
OP特別を連勝するなどそれなりに実力はあるが
さすがにここでは歯が立たないでしょう。

ブライトライン
1年の長期休養を経て今年復帰。
4月のOP特別を勝って2年ぶりの勝利を挙げましたが
以降重賞レースでは着外が続き前走の武蔵野Sでも11着に惨敗。
2013年のジャパンカップダートで4着するなど
GIで好走していた馬ですがさすがに上がり目はもうないか。

モンドクラッセ
おそらく逃げるのはこの馬か。
前走のみやこSでは単騎逃げを打って見せ場たっぷりの4着。
距離・コースは問わずに走れる馬ですが目標とされる位置で競馬するだけに
今回は「どこまで見せ場を作れるか?」というレベルでしょう。

ブライトアイディア
1600万を勝っただけでOP特別すら勝てていない馬。
正直「何故ここに出てきた?」という感じだが
本当に出てくるのでしょうか?

まとめ

一応出走予定馬に関してはひと通り個人的な見解を述べました。
追い込み脚質の馬の中に魅力的な馬が多いですが
アウォーディーの相手探しの一戦と考えていいでしょう。
追い切り等を見てよほど状態が悪いと感じなければこの馬本命でいきたいと思います。
ただ最後何かに差されて2着というシーンもあるように感じます。
その筆頭は今のところサウンドトゥルーと思っていますが
これも当日までに変わるかも知れません。
追い切りや枠順が決定してから再度考えてみたいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望