ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想 追い切り診断

日本ダービー2019、追い切り診断&土曜のレース予想

ラジャカジャです。
今日は日本ダービー2019の追い切り診断
土曜の東西メインレース予想をしていきたいと思います。

ここ数日一気に気温が高くなって
まるで夏にでもなったかのような暑さが続いていますが
今日明日も同じような暑さが続くみたいなので
熱中症に気をつけたいですね。

21日(火)に大雨が降りましたが
その後の晴天続きで馬場は良好な状態。
芝はCコースに変更されることもあり
先週、先々週に引き続き今週の東京競馬場も
高速馬場の速い時計が出る馬場と言えそうです。

日曜に行われる日本ダービー
既に金曜日から発売が開始されていて
朝7時の段階で単勝人気はサートゥルナーリアが1.5倍で1番人気。
以下ダノンキングリー(5.2倍)、ヴェロックス(5.2倍)と続き
この3頭が人気の上位を形成している状態。

金曜の14時から馬券発売となりましたが
その直後にサートゥルナーリアの複勝に約400万円もの大口投票があり
その後もサートゥルナーリア、ヴェロックスの単勝に約100万円の大口投票があるなど
「さすが日本ダービー」と思わせるような動きもありました。

個人的にも勝つのは人気を形成している3頭のどれかだと思いますが
さすがに単勝に100万とか怖くて出来ませんし
少ない金額で高配当を狙うのが馬券を買うものの楽しみでもあると思うので
追い切り診断で高配当を呼ぶ立役者を見抜けたらいいなと思っています。


スポンサードリンク

日本ダービー 追い切り診断

全馬18頭調教VTRを見た上での個人的な評価は以下の通り。

A評価
サートゥルナーリア
ヴェロックス
B評価
ランフォザローゼス
エメラルファイト
メイショウテンゲン
サトノルークス
ダノンキングリー
ナイママ
レッドジェニアル
アドマイヤジャスタ
ロジャーバローズ
ニシノデイジー
クラージュゲリエ
タガノディアマンテ
リオンリオン
マイネルサーパス
ヴィント
シュヴァルツリーゼ
C評価
該当馬なし

A評価は2頭
サートゥルナーリアは栗東CWでの2頭併せ
パートナーを1馬身ほど先行させる形でスタート。
行きっぷりが良く直線で前に出ようとするものの
鞍乗が手綱を引いて制御すると素直に従ってしばらく併せ馬。
ラストで軽く促すと素早く反応し前に出る。
ストライドを目一杯に伸ばして1馬身ほどリードしてフィニッシュ。
動きに無駄がなく追えばいくらでも伸びそうな雰囲気。
6F83秒1でラストは11秒6の時計を計測。
休み明けをひと叩きされて状態の良さは疑いようがない。

ヴェロックスは栗東CWでの単走追い。
前半馬なりでラストは強めに追われて
6F82秒9-11秒4とラストは破格の時計をマーク
頭の位置は常に低くバランスの良い走り。
加速した状態でも頭の位置は変わらずに動きもスムーズでしたので
状態は完全に仕上がっていると感じます。

1週前追いでも併せ馬で6F78秒9-11秒6と優秀な時計をマーク。
この時もスムーズに折り合えて先着しておりケチをつけるところがない。
これだけの動きを見せられるとちょっと凡走は考え難い。

B評価の中ではランフォザローゼス 、エメラルファイト、
メイショウテンゲンが上位評価。

ランフォザローゼスは美浦南Wで併せ馬。
パートナーを先行させ直線で軽く促し併入。
折り合いがついていて動きにも余裕があり
ストライドの伸びも十分。
良い状態でレースに臨めそう。

エメラルファイトは美浦南Wでの併せ馬。
何故か直線だけの映像しかUPされていないが圧巻の動き。
併せ馬をあっという間に突き放し
他厩舎の馬も並ぶ真もなく抜き差っていった。
他の馬が止まって見えるくらいの迫力ある動きだった。
前走スプリングカップを勝って以来のレースとなるが
この動きが出来るのなら状態は間違いなく良いはず。

メイショウテンゲンは栗東CWでの併せ馬。
道中はしっかり折り合いが付いていて
ラストは鞍乗が強めに追い出すと即座に反応し1馬身以上先着してゴール。
手前の替え方もスムーズで状態は良いと思う。

サトノルークスは栗東CWでの3頭併せ
直線馬なりのまま先頭に立つとそのまま差をキープしてフィニッシュ。
頭の位置はやや高めも脚元の踏み込みは力強い。

ダノンキングリーは美浦ポリトラックコースでの併せ馬。
終始馬なりでゴール時点でアタマ差遅れも
ゴール後に並ぶところまでやっていた。
動きは素軽く順調に来ている感じがするものの
何故最終がポリトラックなのかという疑問も残る。

ナイママは美浦南Wでの単走追い。
時計は平凡だったが頭の位置も低いしストライドの伸びも悪くないので
VTRで見る限りはよくまとまっているなという印象。

レッドジェニアルは栗東坂路での2頭併せ
ラチに沿って真っ直ぐに走り強めに追っていたパートナーを尻目に
馬なりのまま先着。
順調に仕上がっている印象。

アドマイヤジャスタは栗東坂路での2頭併せで併入。
安定感ある走りで脚元の踏み込みも力強い。

ロジャーバローズは栗東坂路での2頭併せ
他厩舎の馬も入り混じっていてかなり混雑した時間帯での追い切りでしたが
自分の走りに集中して走っていた。

ニシノデイジーは美浦ポリトラックコースでの単走追い。
やや頭の位置は高いものの活気ある動きで状態は悪くなさそう。

クラージュゲリエは栗東CWでの2頭併せ
7Fから時計を出しじっくり併せ馬をしてから
直線前に出てクビ差先着。
特に目立った動きはないがこの馬なりに順調と見る。

タガノディアマンテは栗東坂路での2頭併せでクビ差先着。
脚元の踏み込みは力強いがフラフラするところがありバランスは良いとは言えない。

リオンリオンは栗東CWでの2頭併せ
直線は目一杯に追って一旦は前に出たが
差し返されてクビ差の遅れ。
手応えもパートナーの方が余裕があり見栄えは良くない。
ただ状態が悪いかというとそこまででもないと思う。

マイネルサーパスは美浦ポリトラックコースでの併せ馬。
直線でパートナーに交わされそうになるも踏ん張り併入。
根性のある所は見せたが動きは平凡。

ヴィントは栗東CWでの2頭併せでアタマ差先着。
やや頭の高い走法でストライドの伸びはイマイチ。
口元に大量の泡が出ており「お前大丈夫か?」と心配に思う。

シュヴァルツリーゼは美浦南Wでの併せ馬。
終始頭が高く前脚を高く上げる走法なので脚元の運びもぎこちない。
軽く仕掛けてからはストライドを伸ばしたが
あまり良い動きとは思えない。
状態が悪いとは思わないがこのメンバーでこの出来でどこまで出来るんだろう。
スポンサードリンク

京都11R 葵ステークス

軸馬 ディープダイバー

3歳限定の1200m戦
昨年から重賞に格上げされたが3歳限定の1200mのGIがないし
古馬のGI1200m戦も3月と9月の2回しかないので
時期的に見てもこのレースを目標にしてくる馬は今後増えてくると思う。

まだ距離を見定めている陣営もいると思うので力関係などはっきりしていない部分もありますが
実績で考えるなら軸はディアンドルかディープダイバーのどちらかでしょう。

1200mを5戦して4勝2着1回、先行力あるディアンドル
2戦続けて上がり3Fはメンバー最速、京都コースにも実績あるディープダイバー
藤岡兄弟がそろって有力馬に騎乗でどちらを軸にしようか非常に悩みますが
最終追い切りの動きで見るとディープダイバーの方が良く見えましたので
こちらを軸に据えたい。
買い目
単勝
11(1点)
ワイド流し
11-2,9,10,13,15(5点)
三連複フォメ
11-6,7-1,2,9,10,13,15(12点)

東京11R 欅ステークス

軸馬 エレクトロポップ

ここはコース適正と追い切りでの動きの良さに期待して
エレクトロポップから勝負してみたい。

ここ2戦大敗続きで人気落ちしているエレクトロポップですが
これまで挙げた5勝は全て左回りコースで完全な左回り専用馬。

なので2走前の右回りコースだったポラリスS(12着)の惨敗は仕方のないところですし
前走のオアシスSに関しても芝スタートで行き脚が付かなかったのが敗因に挙げられます。
(これまで芝スタートのダートコースは3回走っていますが全て着外)
逆に今回の東京ダート1400mはこれまで7戦して(2,2,3,0)と
複勝率100%を継続中の得意のコース。
ここ2戦の惨敗を度返しして狙ってみていいと思います。

更にこの馬を推すもう一つの理由が調教での動き。
1週前追い切りで美浦坂路4F51秒5-12秒0の自己ベストを馬なりでマーク
これはこの日の1番時計でしたし、
最終の水曜追い切りでも同じく美浦坂路で4F52秒6-12秒2をマーク
この時は前日の大雨で馬場は最悪の状態でしたがラストは12秒前半をマーク。
この日美浦の坂路で追い切った馬で
4F52秒台で走りラスト1Fを12秒台で走った馬はこの馬しかいません。
これはもう出来が良いのは疑いようがないですし
それでいてこの人気(朝10時で単勝オッズ14倍の7番人気)なのでこれは是が非でもこの馬から勝負したい。
買い目
単勝
9(1点)
馬連流し
9-1,2,5,7,10,11(6点)
ワイド流し
9-5,7(2点)
三連複フォメ
9-5,7-1,2,5,6,7,8,10,11,12(15点)
スポンサードリンク

-予想, 追い切り診断