ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

朝日杯フューチュリティステークス2016、追い切り、ミスエルテは掛かり気味も流石の切れ

ラジャカジャです。
今日は朝日杯フューチュリティステークス2016の追い切りから
狙える馬を探してみたいと思います。
昨日抽選対象だった馬の抽選があって
選ばれたのは
アシャカリアン 国分優作
クリアザトラック M・デムーロ
トリリオネア 松田 大作
トーホウドミンゴ 池添 謙一
の4頭が選ばれました。
週中のデータ予想でも名前を挙げていたクリアザトラックが
抽選を通ってくれたのでホッとしています。
新馬勝ちで抽選を通って鞍乗がデムーロ騎手というのは
昨年のリオンディーズと同じパターンですね。
先週はルメール騎手が昨年に続き阪神JFを連覇しましたから
今週はデムーロ騎手が連覇という流れもあるかもしれませんね。
7e0a9076561d737ccc5e4da7b65204a4_s
スポンサードリンク

目次

追い切り
まとめ

追い切り

ミスエルテ
最終追い栗東CW4F52.0-12.0
3頭併せで2馬身先着。
折り合い重視の調教でしたが少し掛かり気味に走っていました。
ただ手綱を緩めてからの最後のひと伸びは圧巻の走りで
やはり切れる馬だな」という印象が更に強くなりました。
追い切りに関してはやることはやったという感じですし
時計も優秀なので順調に来ていると見ていいでしょう。
ただ追い切りでもそうだったように掛かるクセがあるだけに折り合いがつくかどうか。
前走は直線で素晴らしい末脚を披露して快勝しましたが
スタートで出遅れましたしあまり器用な馬ではないでしょう。
最後の直線は伸びてくるでしょうが差し届かずというシーンも十分あるかなと思っています。

ダンビュライト
最終追い栗東坂路4F52.2-12.7
追い切りで併せた馬に遅れましたが動き自体は良いので
問題にするほどでもないでしょう。
ルメール騎手が前走重賞勝ちしたモンドキャンノではなく
こちらを選んだのは単純にこちらの方が強いと感じての事でしょうか。
レースぶりを見るとスタートは上手いですし折り合いもつくので
騎手からすれば操縦しやすそうな馬にみえます。
反面、切れるという感じの馬ではないです。
少し気になるのは前走のサウジアラビアロイヤルカップで
ブレスジャーニーに後ろから並ばれた時に内にササるようにヨレていたこと。
ルメール騎手も左ムチで併せ馬に持ち込もうとしましたが
馬の意志でそれを避けたようにも感じました。
まだ2戦しかしていないのでハッキリしたことは言えませんが
揉まれ弱い馬かもしれません。
この馬が勝つとしたら直線で早めに先頭に立ってそのまま押し切るというパターンじゃないかな?と思います。
距離は兄弟の成績を見るともっと長い方がいいと思います。
父がキングカメハメハの半兄ラブラドライトなどは2400m以上で4勝している馬ですから
距離的には皐月賞とかダービー向きだと思います。

モンドキャンノ
最終追い栗東CW5F68.9-12.0
併せた馬に1馬身以上突き放されましたので印象は良くないですが
この馬自体の走りは悪いとは感じませんでした。
1週前も同じくCWで6F85.3-11.6
2週前は坂路で4F53.4-11.9と終い好時計を連発。
調子に関しては間違いなくいいでしょう。
後は距離が1600mに伸びてどうか。
父キンシャサノキセキ、母父サクラバクシンオーという血統から見ても
1200m~1400m向きの馬でしょう。
前走跨ったルメール騎手も「1400mがちょうど良い」と話していただけに
この距離延長はプラスとは言えない。
スポンサードリンク

クリアザトラック
最終追い栗東芝5F66.8-12.8 馬なり
芝での追い切りにどんな意図があったのか分かりませんが
VTRで見る限りは安定したフォームで走っていましたし
気になる点はない感じでした。
ただ単走での馬なり調教だったので評価は難しい。
新馬戦はスタート良く2番手で競馬すると
直線はあっさり抜け出してそのまま押し切り勝ちというレース。
まあどこまで能力のある馬かは今回のレースで分かるでしょう。

サトノアレス
最終追い美浦南W6F72.1-13.0 馬なり
併せ馬クビ差先着。
動きには活気が見えましたが掛かり気味に走っていて
追い切りだけで見ればあまり評価はできない印象。

タガノアシュラ
最終追い栗東坂路4F53.3-12.5 終い強め
走りのフォームが安定していて好印象。
1週前追いではCWで6F80.1-12.0と一杯に追って自己ベストを更新
陣営の本気度が感じられる仕上げ。
札幌2歳Sでは出遅れて8着と惨敗。
一転して前走は大逃げを打っての逃げ切り勝ち。
今回も逃げる可能性大だが「折り合いに不安がある馬」と武豊騎手も話していただけに
今回はどんな作戦でいくのか。

トラスト
最終追い栗東CW5F67.5-12.0 終い強め
パートナーを2馬身ほど先行させて直線はムチを入れて
一杯に追ってクビ差先着。
なので時計は優秀ですがVTRで見た感じ
少し動きが重たいかな」という印象。
切れるというよりジリジリ伸びるという感じなので
正直距離はもう少しあったほうがいいかも。

他ではダイイチターミナル、トリリオネア、ボンセルヴィーソあたりも良い動きに見えました。

まとめ

有力どころではミスエルテの動きは目につきました。
やや掛かり気味でしたが手綱を緩めてからの動きは秀逸。
差し・追い込みが効きやすい阪神1600mには持ってこいの馬だと思います。
ダンビュライト、モンドキャンノも順調に来ている感じですので
阪神芝1600mのコース適正が勝敗を分けそうな気がします。
今のところ軸はミスエルテと考えていますが
枠順次第では変えるかもしれません。
買い目も含めた予想の記事は日曜の昼過ぎにアップしたいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望