ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

有馬記念2016、予想オッズ、前走ジャパンカップ上位組とサトノダイヤモンドの争いか?

ラジャカジャです。
さっそく今日から有馬記念2016の予想をしていきたいと思います。
個人的にはこの有馬記念
ほとんど当たっておりません(笑)
去年はラブリーデイから勝負して5着に撃沈。
一昨年は勝ったジェンティルドンナを完全に消していましたし
その前の年のオルフェーヴルが勝ったレースも
2着のウインバリアシオンを1着で買っていたため不的中と
本当に相性がよくありません。
多分ここ10年くらいは当たってないんじゃないでしょうか。
それほどまでに相性のよくないレースですが
1レースだけ忘れられないレースがあります。
それは2001年の有馬記念。
私はこのレース、事前にマンハッタンカフェの単勝で勝負しようと決めて
軍資金は8万でそのうち5万円をマンハッタンカフェの単勝に突っ込むつもりで気合い入れて競馬場に行きました。
ただその気合いが空回りしてしまい、メイン前までに結構負けてしまい
気付けば元出が2万円弱にまで減ってしまいました。
何やってんだ俺は・・・」という思いを抱いたまま有馬記念へ。
買い目はマンハッタンカフェの単勝と決めていましたが金額は1万円で単勝を購入。
半端に残っていたお金は遊びのつもりで馬連で300円ずつ流すという買い方に変更しました。
結果マンハッタンカフェは勝利して「5万円買っていれば・・・」という後悔の年があったのですが
2着になんと最低人気アメリカンボスが来て馬連480倍が的中。
単勝と合わせて20万円以上の払い戻しを受けました。
結果的に「競馬って儲かるんだな」と実感したレースでもありました。
そんな思い出のある有馬記念ですが今年は久々に当たるか?
それとも連敗記録の更新か?
どうなることやら。
a2c3d6cc0db30ce992fd262e03280a88_s
スポンサードリンク

目次

過去レースデータ
まとめ

過去レースデータ

出走メンバーを見ますと昨年の1着馬~3着馬が揃って出走。
今年の春のグランプリ宝塚記念を制したマリアライト
菊花賞を制して今年の3歳NO1を証明したサトノダイヤモンドなど
今年も豪華なメンバーが揃いました。
まあ展開を予想するだけでも色々なパターンが考えられそうですが
まずは過去のレースデータを元に馬券的中のヒントとなりそうなデータを
調べていきたいと思います。
・1番人気は堅い?
人気別成績を調べると1番人気は5勝2着2回3着1回という成績。
複勝率8割は馬券圏内という意味で行けばかなり信頼できる数字だと思います。
今年の1番人気はおそらくキタサンブラックだと思いますが
昨年3着に来ているだけに馬券圏内は堅いか。
ただ6番人気以降の人気薄も過去10年で12頭馬券に絡んでいるので
1番人気が人気薄を引き連れてくるレース」といってもいいかもしれません。
人気 着別度数
1番人気 5- 2- 1- 2/ 10
2番人気 2- 0- 2- 6/ 10
3番人気 0- 0- 1- 9/ 10
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10
5番人気 0- 2- 0- 8/ 10
6番人気 0- 1- 1- 8/ 10
7番人気 0- 1- 0- 9/ 10
8番人気 1- 0- 0- 9/ 10
9番人気 1- 1- 1- 7/ 10
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10
11番人気 0- 0- 1- 9/ 10
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10
13番人気 0- 0- 0- 10/ 10
14番人気 0- 1- 1- 7/ 9
15番人気 0- 0- 0- 7/ 7
16番人気 0- 0- 0- 5/ 5
・前走レース別に見ると
前走レース別に見ると
勝ち馬に限ってみますと
前走ジャパンカップ、天皇賞(秋)、菊花賞を使っていた馬が8勝していますので
今年もこの3レースの中から勝ち馬が出ると考えていいでしょう。
昨年アルゼンチン共和国杯から経由したゴールドアクター
2013年凱旋門賞経由で勝利したオルフェーヴルはレアなケースと考えていいでしょう。
前走ジャパンカップ組
過去10年で3勝2着4回3着4回(64頭出走)
馬券に絡めなかったのは2007年のみ
今年はジャパンカップの1着馬~4着馬が揃って出走。
こういうケースは過去10年では1度もないのでジャパンカップ組ということで考えたら
過去最強の布陣。
普通に考えたら2頭くらいは馬券に絡んできそう。

前走天皇賞(秋)組
過去10年で3勝3着1回(10頭出走)
馬券に絡んだ回数で行けばジャパンカップに劣りますが
10頭中4頭が馬券に絡んでいるので好走率という点ではジャパンカップよりかなり良い。
まあ古馬の王道で言えば天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念なので
必然的に前走天皇賞(秋)組というのは少ないのですが
2007年9番人気で勝ったマツリダゴッホなど人気薄で激走した過去があります。
今年のメンバーではアドマイヤデウスがただ一頭の参戦。
GIではちょっと足らないレベルの馬ですが昨年の日経賞を勝っているので
コース適正はありそう。

前走菊花賞組
2勝2着1回3着1回(11頭出走)
馬券に絡んだ4頭のうち3頭は菊花賞を制した馬なので
そういう意味ではサトノダイヤモンドが馬券に絡む確率は高い。
過去10年で菊花賞を制した馬が有馬記念に出てきた例は4回
2勝3着1回の成績で馬券に絡めなかったのは2009年のスリーロールスのみ。
ただこの時は競争中止しているのでレースを完走した馬に限ってみると
複勝率は100%
馬券からは外せそうにない

まとめ

続きはまた明日やりますが
ジャパンカップ1着~4着馬とサトノダイヤモンドの5頭が馬券の中心でしょう。
穴馬ではアドマイヤデウスが面白そう。
スポンサードリンク

-重賞展望