ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

有馬記念2016、予想、本命はキタサンブラック!相手4頭に絞って少点数で勝負!

ラジャカジャです。
有馬記念2016ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。
有馬記念の勝ち馬はどれか?というのも気になりますが
騎手リーディングの方もかなり熱い戦いになっていますね。
金曜の競馬が終わった時点ではルメール騎手が1勝差でリードしていましたが
土曜日に戸崎騎手が4勝の固め打ちを見せ逆に1勝差でリードを奪いました。
残すところあと1日だけとなりましたが
ここまでリーディング争いが熾烈になった年というのも記憶にないです。
今日は両騎手ともに中山での騎乗。
まさに直接対決となりますが果たしてどちらがリーディングの座につくのでしょうか。
d0020b3d43b3931457756f2f119e903e_s
スポンサードリンク

本日のラインナップ

中山10R 有馬記念
中山9R ホープフルステークス

中山10R 有馬記念

まず追い切りについてですが
栗東での最終追い切りは濃い霧のためほとんど見ることができませんでした。
映像でゴール手前だけ姿が見えたという感じで
当然ですが走破時計も分かりません。
なので栗東組については正直評価のしようがありません。
ただラストの映像を見る限りでは
サウンズオブアースは好調さが感じられる動きに見えました。
美浦組で1番良く見えたのはゴールドアクター
最終追い、1週前追いといずれも強めに追いきられていて
馬体はかなり仕上がっている印象。
連覇に向けてやることは全てやったという感じ。
次いで良かったのがマルターズアポジー
単走追いながら躍動感があって引き続き好調さが感じられる動き。
追い切りから推奨したいのは上記の2頭。
逆にマイナスなのはアルバート
3頭併せで1馬身遅れ。
動きも重たい印象でしたし
流石に前走のステイヤーズSがピークだったか。
マリアライトは単走での軽めの追い切り。
非常にリラックスした走りで動きは滑らか。
ただ1週前追いも軽い内容の追い切りでしたので
正直目一杯仕上げたという感じには思えません。

それを踏まえた上で本命はキタサンブラック
週初めはサトノダイヤモンドと考えていましたが
1枠1番に入った時点で「連は外さないだろうな」と考え改めました。
今回はマルターズアポジーがいますのでハナはこの馬に譲って
2番手からの競馬になると思いますが
2走前の京都大賞典では2番手でしっかり折り合いがついていましたし
昨年の菊花賞を制した時のように内で脚を溜めて直線抜け出すという競馬をすると思います。
コーナーが6回もあるトリッキーな中山芝2500mはむしろ
キタサンブラック向きのコースだと思います。
隣に入ったゴールドアクターが早めに動いてキタサンを捕まえにいくと思いますが
そういう競馬になっても負けないだけの強さが今のキタサンブラックにはあると思います。
相手筆頭は当然サトノダイヤモンドでしょう。
今年の3歳馬のナンバー1は間違いなくこの馬ですし
前走後は有馬記念に向けてしっかり調整されてきましたので
この馬も馬券圏内はかなり高いように感じます。
それから昨年の覇者ゴールドアクターも十分争覇圏内でしょう。
中山巧者で有馬記念をピークに持っていくためにオールカマー→JCというローテを組んだわけですし
実際追い切りに関しては文句ない動きをしていましたので
連覇の可能性は十分あるでしょう。
それ以外の馬ではサウンズオブアース、シュヴァルグランが有力。
それ以外の馬でも3着候補なら沢山いますが
あまり点数を広げず少点数で勝負したいと思います。
買い目
馬連流し
1-2,6,11,14(4点)
三連複フォメ
1-2,11-6,14(4点)
スポンサードリンク

中山9R ホープフルステークス

本命 レイデオロ
新馬戦は東京芝2000mで好スタートを決めて先頭から5番手という好位で競馬。
直線は前が壁になって追えないシーンもありましたが
スペースを見つけて抜け出すと先頭に立ちそのまま押し切り勝ち。
2戦目は中山芝2000mの葉牡丹賞。
この時は後方でしっかりと脚を溜め直線で外に出すと
豪脚を繰り出して鮮やかな差し切り勝ちを決めました。
新馬戦の時は切れというよりも長くいい脚を使うタイプの馬かなと思いましたが
葉牡丹賞では切れる脚を披露しましたのでこっちが本来の姿なんだと思います。
今回も前回と同じ中山芝2000mですからルメール騎手も前回と同じような乗り方をすると思います。
関西から手ごわそうな馬が来ていますが
前走の走りを見る限り3連勝が濃厚ではないでしょうか。
その関西馬についてですが
グローブシアターは兄弟にエピファネイア、リオンディーズがいることで注目度が高く2番人気に支持されていますが
新馬戦を見る限りそこまでスケールが高い馬とは思えず現時点で上の兄2頭と比べるのは逆に失礼ではないかと思います。
この馬よりはむしろ鞍乗をM・デムーロ騎手に強化したアドマイヤウイナー
2走前にサトノアレスに勝っているサングレーザーの方が現時点での実力は上では?と思います。
それ以外では追い切りの動きが良かったエンドゲーム、メリオラ
の2頭は一応押さえますが実力的にあっても3着までという感じ。
それから英ダービー挑戦で話題になっているコスモスに関してですが
父フリオーソ母父ゴールドアリュールはどう見てもダート血統。
ここで好走するようならば改めて岡田総帥の相馬眼の鋭さに感服いたします。
買い目
馬単流し
2→4,5,6(3点)
三連複フォメ
2-4,5ー3,4,5,6,12(7点)
三連単フォメ
2→4,5,6→3,4,5,6,12(12点)
スポンサードリンク

-予想