ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

有馬記念2016、サトノダイヤモンドが古馬を撃破!究極のマッチレースを制す!

ラジャカジャです。
先週のブログ予想の結果と有馬記念2016のレース回顧
今週の予定を書いていきたいと思います。
昨日は久々に府中競馬へ行き、仕事仲間と有馬記念をモニター越しに観戦しましたが
普段は競馬をしないような人も沢山きていて賑わっていました。
レース自体も1年を締めくくる白熱した内容で個人的には満足でした。
この日は普段競馬をしない人も大勢馬券を買いに来ていました。
馬券を購入しようと券売機に並んでいたら、
初めて馬券を買うであろう中年のおばさんが
どの馬を買ったらいいですかね?」と
同じ年代くらいのJRAの女性案内係の人に聞いていましたが
その係の人は「デムーロという人の乗った馬がいいみたいです」と
デムーロ騎手を推しているのを聞いてちょっとウケてしまいました。
117
スポンサードリンク

目次

先週のブログ予想結果
有馬記念レース回顧
今週の予定

先週のブログ予想結果

先週のブログ予想は6戦4勝でした。
金曜日
中山10R 中山大障害
三連単890円的中
中山11R グレイトフルステークス
三連単2430円的中
土曜日
中山11R 師走ステークス
馬単1280円的中
日曜日
中山10R 有馬記念
馬連440円的中
的中率は良かったのですがどれも安い配当ばかりで
イマイチな結果でした。
まあ比較的堅く決まりそうなレースばかりでしたので仕方ないですが。
個人的には土曜日の阪神カップのダンスディレクターに期待していたんですが
4着という結果に悶絶しました。
ただ勝ったシュウジは押えていなかったのでどっちにしても外れていましたが。
有馬記念は的中はしたものの1番安い配当で決まってしまい
トリガミになってしまいました。
レース自体は熱かったですが「あっさり人気上位で決まっちまったな」というのが正直な感想。
荒れる有馬記念を望んでいた人も多かっただけに
もう少し人気上位馬を脅かす馬が出てきてほしかった。

有馬記念レース回顧

勝ったのは最終的には1番人気だったサトノダイヤモンド
ゴール寸前でキタサンブラックをキッチリ捕らえて差すというドラマチックな勝利でした。
大方の予想通りマルターズアポジーが逃げてキタサンブラックは2番手に付け、
それをマークするかのようにゴールドアクターが3番手につけるという展開。
枠順が決まった時点で「こうなるだろうな」ということは想像できていました。
この人気2頭を見る形でサトノダイヤモンドは中段よりやや前目で競馬していましたが
向こう上面に入った辺りから馬なりで進出しキタサンブラックのすぐ後ろにつけてきました。
ルメール騎手も「相手はこの馬」とばかりにピッタリとマークしてきました。
4コーナー手前からは完全に人気上位3頭の競馬となり
迫ってきたゴールドアクターを二の脚を使って突き放したキタサンブラックが勝つかと思われたところ
ゴール前の坂で一気に詰めてきたサトノダイヤモンドが差しきるという競馬でした。
強い馬が理想的な位置取りで競馬したらこうなるよね
と言わんばかりの結果でした。
人気上位3頭の騎手がそれぞれ完璧に騎乗した上でのサトノダイヤモンドの勝利でしたから
勝利インタビューではルメール騎手も感極まって涙していました。
個人的にはキタサンブラックに勝ってもらってもう1度サブちゃんのまつりを聞きたかったのですが
今のサトノの勢いがそれを上回った感じでしたね。
ノーザンFの評価ではルメール騎手よりもM・デムーロ騎手の方が上ですが
来年以降その評価も変わるかもしれないですね。
ただ、家に帰ってから何度も有馬記念のレースVTRを見ましたが
確かに良いレースでしたが
正直この人気3頭だけしか走っていないんじゃないか?と思えるくらい
他の馬が何もしていないようにも見えました。
それだけこの3頭が強かったという事なのかもしれませんが
マリアライトあたりはもう少し強気な競馬をしても良かったんじゃない?と思える内容でしたし
まあ見方によっては何となく物足りないレースといえなくもありません。
ただこれで年度代表馬がどの馬になるかわからなくなりました。
1年間古馬の王道路線を走ってGI2勝を挙げたキタサンブラックか
香港カップを勝って有終の美を飾ったモーリスか。
菊と有馬を制したサトノダイヤモンドか
一体どの馬になるのでしょう。

今週の予定

昨日で今年のJRA主催の競馬は終了。
なので今週は大井で行なわれる東京大賞典のみの予想となります。
ただブログの更新は毎日していきます。
この時期だから書ける内容もあったりするので
何を書くかはこれから決めたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧