ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

中山金杯2017、出走予定、マイネルハニー、ツクバアズマオーの上位争いか

ラジャカジャです。
あけましておめでとうございます。
ここ2日ばかり更新が途絶えていました。
3日前に打ち上げをしたあとすっかり体調をくずしてしまい
この2日間はブログを更新する気力もなく寝てばかりいました。
2日間しかない冬休みを寝て過ごしてしまったのは
何とももったいない限りですが
体調も戻ってきたので今日からブログ再開です。
しかしこの時期にになると毎年風邪ひきますね・・・

今日は5日に行なわれる金杯のうち
中山金杯2017について書いていきたいと思います。
年明け最初のJRAの重賞レースということで
的中して好スタートを切りたいです。
ad0c1c247738ebed8b7b8dfb873a98e0_s
スポンサードリンク

目次

出走予定
まとめ

出走予定

昨年は3番人気に支持されていたヤマカツエースが
逃げるマイネルフロストをゴール前で交わして勝利
福島記念に続く重賞連勝を決めたレースでした。
中山芝2000mというのは
コーナーがきつく直線が310mと短いコース
なので基本は逃げ・先行馬が有利でハイペースにでもならない限り
追い込み一手の馬が勝つのは厳しい。
またスタートしてからと最後の直線と2回急な坂を登らなければならない設定なので
スタミナも求められるコース。

今年登録してきたのは15頭
馬名と斤量、騎乗予定騎手は以下のとおり
中山金杯2017出走予定馬カムフィー 54.0 蛯名正義
グァンチャーレ 55.0 未定
クラリティスカイ 57.5 田辺裕信
シャイニープリンス56.5 江田照男
シャドウパーティー54.0 未定
ストロングタイタン54.0 川田将雅
ダノンメジャー 55.0 小牧太
ツクバアズマオー 56.5 吉田豊
トミケンスラーヴァ51.0 未定
ドレッドノータス 55.0 未定
マイネグレヴィル 52.0 丹内祐次
マイネルハニー 56.0 未定
マイネルフロスト 57.0 松岡正海
ライズトゥフェイム55.0 吉田隼人
ロンギングダンサー54.0 大野拓弥

注目は前走チャレンジカップを勝って初重賞を制したマイネルハニー、
このコースで3勝を挙げているツクバアズマオー
現在3連勝と波に乗っているストロングタイタンあたりでしょう。

マイネルハニーは逃げることも出来ますし、番手で競馬しても
直線で早めに先頭に立って押し切るという競馬ができる器用な馬なので
このコースでも十分に勝ち負け。
父が中山が大得意だったマツリダゴッホなので血統面からも中山適性は十分考えられます。
ただ京都金杯にも登録しているので最終的にどっちに出てくるかわかりません。
まあ京都金杯に出ても十分上位争いは可能だと思いますが。

ツクバアズマオーは中山芝2000mは5戦して3勝2着2回のパーフェクト連対
2走前のオールカマーでもゴールドアクターと0.2差の3着と好走しており
重賞勝ちはないものの実力的には上位の存在。
斤量も57kgを背負って勝っているくらいですから、この56.5kgというのは気にならないでしょう。

ストロングタイタンは今回が重賞初挑戦になりますが
期待の明け4歳馬。
500万→1000万→1600万と3連勝中で先行することもできるし
好位で脚を溜めて競馬することもできる馬。
実績では見劣りしますがまだ7戦とキャリアが浅く
その分伸びシロが期待出来そう。
現時点で重賞でどこまでやれるのか?
非常に興味深い馬。

マイネルフロストは昨年のこのレース2着馬
当然注目はしないといけませんが
その後の重賞レースでは馬券に絡めていません。
ただ重賞4着というのが過去6回もある馬なので
勝つまでの力はありませんが出れば賞金を稼いでくれる馬主孝行な馬です。
もしマイネルハニーが出てくればその馬をアシストする役割に回るでしょうから
ツクバアズマオーをマークして楽に競馬をさせないような位置で競馬するかもしれません。

クラリティスカイは3歳時にNHKマイルカップを制し
昨年はどこまで飛躍するか?と注目されていた一頭でしたが
重賞はおろか勝利すら挙げることができませんでした。
ここ2戦は2000mを使って3着、5着と微妙な着順。
やはりベストは1600mでしょう。
距離的に少し長いと思いますし斤量57.5kgというのはGIを勝っているからとは言え
少々酷な気がします。

まとめ

データ、追い切りなどはこれから調べることになりますが
印象としてはマイネルハニー、ツクバアズマオーの争いという気がします。
もしマイネルハニーが京都金杯に出るようなら
ツクバアズマオーの相手探しの一戦」と考えていいと思います。
スポンサードリンク

-重賞展望