ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

中山金杯2017、京都金杯2017、レース予想、共に軸馬は人気の馬から手堅くいきたい

ラジャカジャです。
中山金杯2017、京都金杯2017のレース予想をしていきたいと思います。
いつもながら今年最初のJRAの重賞レースということで
張り切って買っていますが会社の仕事始めの日なので
競馬に集中できないのが何とも歯痒いです。
8455ec8dc0a3a57b83bc9f498bef6fc8_s
スポンサードリンク

本日のラインナップ

中山11R 中山金杯
京都11R 京都金杯

中山11R 中山金杯

本命 ツクバアズマオー
中山2000mは6戦して2勝2着3回、
重賞でも昨年のオールカマーでゴールドアクターの3着と
中山適性だけでなく実力自体も重賞を獲れるだけのレベルまで上がってきています。
しかも前走は3ヵ月ぶりの休み明けで馬体重もプラス8kgだったように甘めの仕上がりでした。
今回は叩いての上積みもあり最も得意な中山芝2000mのコースなだけに
崩れるシーンは想像しにくい。
相手探しの一戦と考えます。
相手は関西から来たダノンメジャー、ドレッドノータス、ストロングタイタンの3頭が有力。
ダノンメジャーは前走のチャレンジカップで逃げて8着に負けましたが
ハナを奪うまでに脚を使いましたしメイショウナルトに突かれる展開で
楽に逃げられませんでした。
それでも勝ち馬から0.3差とそれほど負けていませんし
今回は何が何でも逃げるというタイプはこの馬しかいませんので
前回よりは楽な逃げが打てると思います。
陣営も「出来は最高」と話していますし今回はこの馬の粘りこみがありそう。

ドレッドノータスは前走はお試し感覚のダート戦だったので結果に関しては参考外。
むしろこのレースに向けて良い調教代わりになったとプラスに捕らえる事もできます。
2歳時に京都2歳Sを制するなど早くから素質の高さを見せていましたが
昨年は足元の不安で順調にレースに使えていませんでした。
それも解消し叩き三戦目のここは最も狙いごろと言えるでしょう。
相手は更に強化しましたが上位争いに十分加われる一頭。

ストロングタイタンは現在3連勝と波に乗っている馬。
前走の修学院ステークスも終始楽な手応えで余裕の勝利という感じ。
今回格上挑戦となりますが鞍乗の川田騎手もこの馬に合わせて
中山に騎乗に来ていますし勝負度合いはかなり高そう。
追い切りでも栗東坂路で4F53.0-12.2と好時計を出していましたし
期待できる仕上がり。

それ以外では前走ディセンバーステークスでツクバアズマオーの3着に敗れたシャイニープリンス
負けたといっても着差は0.1差でしたし斤量も前回の58kgから56.5kgに軽くなったので
数字上は逆転可能でしょう。

それ以外では追いきりが良かったクラリティスカイ
前走は案外な競馬だったものの中山適性があるシャドウパーティーまで押えたい。
買い目
馬連流し
3-1,2,6,7,10,12(6点)
三連複フォメ
3-6,7,10-1,2,6,7,10,12(12点)

京都金杯

本命 エアスピネル
朝6時の段階で単勝オッズ2.2倍と断然の人気を誇っているエアスピネル
まあ昨年の実績を考えればこの人気も仕方ないでしょう。
このレースに使ってきたということは今年はマイル路線に切り替えるという事なのかもしれませんが
距離にかなり融通が効く馬だけに本当のところ「ベストな距離はどこなのか?」という面があり、
久々のマイル戦がどうかな?という懸念が少しあります。
とは言えこの馬も自在な脚質ですし折り合いにそれほど苦労する馬ではありませんから
卒なく競馬しそうに思います。
圧勝まではないかもしれませんが小差ながらもしっかり勝つという感じのレースになるのではないでしょうか。
相手は普通に考えたらフィエロでしょう。
マイルGIで3度馬券に絡んでいる実績はここでは最上位の存在。
ただ前走から中11日でのレース出走とちょっと考えられないような厳しいローテですし
元々勝ちきれない馬だけに信頼度はイマイチ。
それなら関東馬ながらここに挑んできた連勝中のアストラエンブレム
ルメールに鞍乗が強化されたガリバルディ
前走はプラス18kgと太目残りだったものの勝ち馬と0.1差の5着と健闘したブラックスピネル
好内容だったキャピタルSの1、2着馬
ブラックムーン、テイエムイナズマまで押えたい。
前走の重賞勝ちのマイネルハニーは中山金杯に出てくれば買いたいと思っていましたが
正直マイル戦はどうかな?と思うので思いきって消します。
買い目
馬連流し
6-1,4,5,10,14,18(6点)
三連複フォメ
6-1,4,14-1,4,5,10,14,18(12点)
スポンサードリンク

-予想