ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

愛知杯2017、本命はシャルール!相手も前残りを重視、他土曜のレース予想

ラジャカジャです。
愛知杯2017ほか土曜のレース予想をしていきたいと思います。
天気予報でいくと明日、明後日と日本列島は大寒波に襲われる模様
北は北海道、南は福岡まで降雪の予報が出ています。
こちら南関東はお天気マークは曇り/晴れとなっていますが
雪になる可能性もあるという感じで報じられているので
当然競馬の開催にも影響がでそうな雰囲気です。
JRAも中京・京都の夜間の馬券発売を中止しているので
降雪の量によってはレースの中止、開催の延期等の措置があるかもしれません。
まあこればっかりは自然のなりゆきなのでどうすることも出来ないですが
こちらとしては開催される前提で予想していきたいと思います。
ただ天気予報を見る限り関西方面も降雪があるのは確実な模様ですので
良馬場での開催は無理でしょうし場合によっては激しい降雪の中でのレース
というパターンになるかもしれません。
何にしても今週は天候と馬場状態を気にしながら
勝負できそうなレースをチョイスしていく感じにしたい。
0cded10b3cc16044c591baaae8633cc4_s
スポンサードリンク

本日のラインナップ

中京11R 愛知杯2017
穴馬推奨レース

中京11R 愛知杯2017

本命 シャルール
昨日の追い切りの記事でも書きましたが
調教での動きが見違えるほど良くなり、
時計面から見てもかなり状態が良いと判断できますので
素直にこの馬を本命にします。
重賞勝ちはありませんが昨年は福島牝馬S、クィーンSで2着と惜しい競馬。
特にクィーンSは直線で完全に抜け出して勝利目前だったところを
マコトブリジャールにアタマ差交されての悔しすぎる2着でした。
ただ3着以下の馬には2馬身以上差をつけており、
GIでは敵いませんでしたが
牝馬限定のGⅢならばいつ勝ってもおかしくないというレベルの馬だと思います。
中京芝2000mは1度走って勝利しているコースですし
スタートが上手なので出遅れる心配はほとんどありません。
馬場に関しても重馬場で2着した過去があるので
ある程度の馬場悪化なら対応できるでしょう。
鞍乗は単騎免許で来日中のS.フォーリー騎手
昨年、初来日して京成杯でプロフェットに騎乗して重賞勝利するなど10勝を挙げました。
2回目となる今回の来日ではまだ未勝利ですがここは一発狙っているでしょう。
展開的にも逃げるプリメラアスールを行かせて2,3番手で競馬しそうですし、
折り合いがしっかりつけば直線でこの馬が先頭に立つシーンはかなり高いですし
状態の良さと前が止まらない開幕週の馬場が見方してそのまま押し切れるのでは?
と思います。
相手は単騎逃げが濃厚なプリメラアスール
前走のエリザベス女王杯は単騎のマイペース逃げが打てて5着と善戦しました。
今回も単騎逃げが打てそうなメンバーですし斤量が前走からマイナス4kgなのは魅力。
同じく先行できる脚質のサンソヴール
前走のターコイズステークスでは直線で前が壁になって最後は全く追えていませんでしたので
ここで巻き返してくる可能性はありそう。
クリノラホールは距離を1800m以上に伸ばしてから成績が安定し目下3連勝中
追ってからの脚が堅実で左回りにも実績があるので勢いに乗って重賞制覇と言うシーンもあるかもしれない。

その他では追い切りが良かったリーサルウェポン、ダイワドレッサー
リーサルウェポンは昨年のこのレースの2着馬ですし追い切りの動きを見る限り
去年の良かった状態に戻ってきている印象。
ダイワドレッサーは前走が負けすぎも
昨年7月のラジオNIKKEI賞では2着した馬。
このレースでブラックスピネルやロードヴァンドール、ミライヘノツバサなどに先着しており
実力的にここで通用してもいい。
最後に追い切りの動きが不可解だったものの実績的にはここでは上位のマキシマムドパリまで押えたい。
2015年の秋華賞で3着、昨年のこのレースでも4着と重賞で好走しているのは見逃せない存在。
買い目
馬連流し
10-4,5,7,11,12,15(6点)
三連複フォメ
10-4,7,11-4,5,7,11,12,15(12点)
スポンサードリンク

穴馬推奨レース

中山9R 菜の花賞
本命 ラッシュハート
ここには先週のフェアリーSに出走が叶わなかった
シンボリバーグ、アピールバイオ、ラーナアズーラが揃って参戦。
他にも関西から遠征してきたディープインパクト産駒ダノンディーヴァがいるなど
500万特別ながら興味深い一戦。
そんな中狙ってみたいのがラッシュハート
デビュー戦では前述のシンボリバーグに0.5差をつけられて4着。
前走で未勝利脱出も1200mのレースだったので
今回距離が1600mに伸びるのはマイナスでは?と考えたくなりますが
この2つのレースVTRを見ればその考えも変わります。

東京芝1600mで行なわれた新馬戦のレースVTRを見ますと
好スタートを決め道中は好位の4,5番手で競馬。
勝ったシンボリバーグと並びあうような位置で折り合いもしっかりついていました。
それが直線に入ると騎手が追っても反応はイマイチ
しかも終始左側に顔を向けて走るなどソラを使っていて
レースに集中して走っていない印象。
本来ならば着外に沈んでおかしくない所ですが
この後ちょっとびっくりしたことが起こります。
残り200mあたりで外から勢いよく伸びて来た馬がいて
この馬と併せ馬のような形になると
やる気のスイッチが入ったのか急に真っ直ぐを向いて走るようになり
抜かせまいと本気で走るようになり結局最後まで抜かせず
前を走っていた馬も1,2頭交わして4着でゴールしました。

前走の未勝利戦にしても同様なことが起こります。
道中は中段で競馬し直線では上手く進路を確保して騎手が追ったものの伸びはイマイチ。
このまま終わるかと思われたところ大外から一頭伸びてきた馬がいて
この馬に交わされた途端やる気のスイッチが入り
内から馬体を併せに行って差し返し、
その勢いのまま前を走っていた馬を全て抜き差って1着でゴールしました。
レースVTRを見ていて「なんだこりゃ」と思わずつぶやいてしまいました。

後ろにいる馬に交されてからでないと本気をださない馬では
馬券を買う側としては軸馬にしずらいのですが
まだレースを覚えている段階でしょうから
走るたびに修正されていくでしょう。
むしろ「並ばれたら抜かせない」「差されたら差し返す」という勝負根性は魅力で
競走馬として最もなくてはならない部分だと思います。
そういう意味からもこの馬は相当なポテンシャルを持っている馬だと感じます。
ディープインパクト産駒で血統面では文句ない馬ですし
デビュー戦の走りから1600mという距離は問題ないでしょう。
前走中山で行われた未勝利戦ではソラを使う素振りは全く見せなかったので
現状は左回りよりも右回りのコースの方が良いと思います。
新馬戦で戦ったシンボリバーグが1番人気に推されるようなメンバーレベルならば
この馬も十分勝ち負けになると思います。
人気も8番人気と人気薄なので一発狙ってみる手はありそう。
買い目
単勝&複勝
2(各1点)
馬連流し
2-1,3,4,5,6,7,11(7点)
三連複フォメ
2-3,5,6-1,3,4,5,6,7,11(15点)
スポンサードリンク

-予想