ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

アメリカジョッキークラブカップ2017、追い切り、リアファル坂路で自己ベスト更新

ラジャカジャです。
今日はアメリカジョッキークラブカップ2017の追い切りについて見ていきたいと思います。
調教VTRや走破時計から今回好調と思える馬をピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

目次

追い切り
まとめ

追い切り

リアファル
最終追い栗東坂路4F50.5-12.7 一杯
頭併せ併入。
1週前追い切りでも栗東坂路4F51.2-12.9と好時計を出していましたが
最終追いで自己ベストを更新
坂路調教ではこれまでにも好時計を出している馬ですが
50秒台を出してくるくらいですから具合はかなりいいでしょう。
ただ併せ馬自体はパートナーの方が良く見えていたので
絶好調という感じではないと思います。

クラリティスカイ
最終追い美浦南W6F80.8-13.2 強め
併せた馬を2馬身ほど先行させ直線で追い出すときっちり捕らえ
そのまま先着。
動き自体もパワフルでしたし引き続き好調といっていいでしょう。

クリールカイザー
最終追い美浦坂路4F51.7-12.1 軽め
1週前追いでも同じく美浦坂路51.4-12.8と好時計を連発。
VTRで見ても動きに活気が漲っていて
明らかに調子は上向いてきた印象。
おそらくこの馬が逃げると思いますが
マイペースで逃げられれば去年の再現も十分に可能だと思います。
スポンサードリンク

タンタアレグリア
最終追い美浦南W84.8-12.6
2頭併せ半馬身先着。
ストライドを長く使ったいい走りで好印象。
天皇賞(春)以来約8ヶ月ぶりのレースになりますが
馬体は割りと出来ているので必要以上に割り引くこともないでしょう。
目標は天皇賞(春)でしょうから余裕残しの仕上げでしょうけど
馬券圏内には入って来そうな予感

ミライヘノツバサ
最終追い美浦南W5F69.3-13.0
終始馬なりで鞍乗の手も全く動かさない調教でした。
中1週での競馬なので追い切りは抑え目でしたが
馬はリラックスした感じで走っていて印象は悪くない。

ゼーヴィント
最終追い美浦南W4F52.8-12.7
3頭併せの真ん中で内にいた馬に半馬身遅れ。
併せた馬に遅れたのは印象悪いが
走りのフォームは悪くなくこの馬なりに順調に来ていると思います。

他良く見えたのはシングウィズジョイ、ナスノセイカン、ワンアンドオンリー
逆にマイナスなのはサイモントルナーレ、シルクドリーマー、マイネルメダリストあたり。

まとめ

リアファルは走破時計は良いですが併せた馬の方が反応は良かったですし
時計面だけで「絶好調」とはいえないでしょう。
出来はまだ7割~8割くらいじゃないでしょうか。
ただここで苦戦するようではGIで勝ち負けなど当然出来ませんので
格好はつけてくると思います。
最終的には枠順が決まってからにしますが
今のところ本命はこの馬にしたいと思います。
もう一頭人気になりそうなゼーヴィントですが
追い切りで併せた馬に先着されるなど印象はあまりよくありません。
そもそも菊花賞の権利を取りながら相手関係を見て福島記念に行くという
陣営の消極姿勢が好きじゃありません。
ディープインパクト産駒で鞍乗も戸崎ですから人気になるのは間違いないでしょうが
今季戸崎騎手は乗れていませんし、あまりこの馬から買いたい気が起きません。

中山適性と追い切りでの動きから考えると
クラリティスカイ、クリールカイザー、ミライヘノツバサのどれかは馬券に絡みそう。
タンタアレグリアも休み明けながら馬体は出来ている印象を受けましたので
古馬GIで4着した実績を考えると侮れない馬。
スポンサードリンク

-重賞展望