ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

重賞展望

根岸ステークス2017、データ、軸馬候補は2頭、穴馬候補は4頭

ラジャカジャです。
今日は根岸ステークス2017の過去レースデータから
・軸馬に出来そうな馬
・人気薄で穴を開けそうな馬
を探してみたいと思います。
過去10年で二桁人気の馬が7頭も馬券に絡んでいるレースですから
今年も人気薄の激走は十分あると思います。
かと言って二桁人気の馬を全て押さえるワケにはいきませんから
その辺りはデータで篩いをかけて好走確率の高い穴馬を
探してみたいと思います。

スポンサードリンク

目次

過去レースデータ 軸馬編
過去レースデータ 穴馬編
まとめ

過去レースデータ 軸馬編

過去10年で1番人気~4番人気の馬のどれかが
必ず連対しているので
絶対条件として当日の単勝オッズで4番人気以内の馬であることが必須です。
netkeiba.comによると
予想オッズでは
カフジテイク
ベストウォーリア
ベストマッチョ
ニシケンモノノフ
キングズガードの5頭が有力。
なので軸馬候補はこの5頭の中のどれかから選びたい。

次に所属先についてですが
過去10年の連対馬をみると
・関西馬 9勝2着10回
・関東馬 1勝

と圧倒的に関西馬が有利ですので
美浦所属のベストマッチョは軸馬候補から外します。

次に前走レース別で見てみますと
武蔵野ステークス 3勝
チャンピオンズカップ 2着1回
JBCスプリント 連対実績なし
兵庫GT 連対実績なし
と前走武蔵野組が好走しています。
なのでキングズガードは有力な軸馬候補でしょう。
逆に過去12頭が参戦して3着が1回のみという結果にある
前走兵庫GTはこのレースでの好走実績が低いので
ニシケンモノノフは軸馬候補から外します。
前走JBCスプリントも連対実績ありませんが
過去2頭しか参戦していませんので好走率が低いとは断定できません。

続いて斤量について調べると
過去10年で連対した馬全て斤量53.5kg~57.0kgの範囲に入っている馬でした。
57.5kg以上の斤量を背負わされた馬はのべ18頭いますが
3着に3回来ていますが連対馬はゼロ。
よって今回斤量58kgのベストウォーリアは軸馬候補から外します。
*3着ならあると思いますが連対する確率は低いでしょう。

よって軸馬候補はカフジテイクとキングズガードの2頭が有力
キングズガードは予想オッズで5番人気ですので
当日のオッズでも5番人気であれば軸馬候補から外します。
なので現時点での最有力馬はカフジテイクとなります。
スポンサードリンク

過去レースデータ 穴馬編

続いて穴馬データについてです。
過去10年で二桁人気の馬で馬券に絡んだのは全部で7頭。

2007年ビッググラス 11番人気1着
2007年ニホンピロサート 12番人気3着
2010年グロリアスノア 11番人気1着
2011年ダイショウジェット 10番人気3着
2013年セイクリムズン 10番人気3着
2015年アドマイヤロイヤル 15番人気3着
2016年グレープブランデー 10番人気3着
この7頭の馬で共通項が多い好走データは
・関西所属馬(6頭)
・7歳以上(5頭)
・前走OP以上のレースで4着以下に敗退(6頭)
・過去に重賞で連対実績あり(6頭)
などがあります。
今回の出走予定馬で上記のデータを全てクリアしているのは
グレイスフルリープ
グレープブランデー
タールタン
ブライトラインの4頭
いずれも当日は人気薄確定な馬なので
穴を開けるとしたらこの4頭のどれかだと思います。

まとめ

まだ枠順が出ていませんし、追い切りもチェックしていませんが
上記のデータからカフジテイク(若しくはキングズガード)から
穴馬候補4頭に馬連&ワイドで流す馬券は買おうと思います。
ワイド馬券でも来ればそこそこの配当にはなりそうですし
馬連ならば万馬券もありそうな組み合わせなので楽しめそう。
スポンサードリンク

-重賞展望