ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

レース回顧

根岸ステークス2017、カフジテイク圧巻の差し切り勝ち!

ラジャカジャです。
昨日行われた重賞レースの回顧と今週の予定を書いていきたいと思います。
先週JRAより発表がありホープフルステークスが今年からGIに昇格したとの事。
2歳の頂点を決めるレースとして朝日杯フーチュリティステークスと
阪神ジュベナイルフィリーズがありますが共に1600mのレースなので
2000mでのレースを作りたかったからこのレースをGIに格上げしたのでしょう。
ただそんなに2歳のGIレースを作る必要があるのか?とクビを傾げたくなりますし
日程も有馬記念の4日後の木曜日というもの何だか変です。
こんな変則的な日程では馬を仕上げる厩舎関係者もかなり大変なのではないでしょうか。
大阪杯をGIにしたのも個人的にはどうかなと思いますし
(これだと天皇賞・春に出走する馬が少なくなりそう)
むしろダートで新たなGIを作るできじゃないでしょうか?
(JRAのダートGIは2レースしかありませんし)
それに来年から4歳馬の降級制度を廃止するというのも正直反対。
(夏競馬の稼ぎ場だったのに!)
毎年色々と変更点のあるJRAの番組編成ですが競馬ファンや馬を管理する側の意見を
どこまで理解しているのか?と思うことがしばしばあります。
まあ決められたらそれに従ってやるだけですけど・・・

スポンサードリンク

目次

根岸ステークス レース回顧
シルクロードステークス レース回顧
今週の予定

根岸ステークス レース回顧

勝ったのは1番人気に支持されていたカフジテイクでした。
道中は後方2、3番手という位置取りで直線でも大外に出してという大味な競馬でした。
多少の距離ロスはあっても直線でしっかり追えればOKという感じの乗り方でしたが
まさに豪脚という表現がピッタリの末脚を披露して
前を走っていた馬をごぼう抜きしての勝利でした。
前走のチャンピオンズカップでポテンシャルの高さは感じていましたが
まさに覚醒したと言っていいのではないでしょうか。
今回戦った相手は決して弱くはなかったのですが
1枚半くらいレベルが上なんじゃないかと思えるくらいのパフォーマンスでした。
鞍乗の福永騎手は実は前走この馬の騎乗依頼がきていたそうなのですが
自身の落馬事故で騎乗できなかったという経緯があり
陣営からすれば今回は待望のコンビ結成だったようです。
福永騎手に関しては先週インフルエンザにかかって日曜の騎乗を全てキャンセルしていましたので
まだ体調は万全ではないのでは?と個人的に思っていましたが
昨日の騎乗をみる限りは大丈夫そうですね。
復帰といえば今月8日に落馬事故にあった川田騎手ですが
なんと今週からレース復帰するそうです。
メディアの話では復帰までに数ヶ月を擁するとなっていましたが
かなり早い復帰となりました。
ただまだ完全に治っているワケではなく、しばらくは乗鞍を制限して騎乗するそう。
つまりはまだ本調子ではないけどお手馬を手放したくないので勝ち負け濃厚な馬にだけ騎乗するということ。
そんなに無理していたら治るモンも治らないのでは?と心配してしまいますが
逆にいうとそこまで乗鞍を制限してまで乗せる馬は
ほぼ例外なく勝負になる馬と考えていいでしょう。
やや話が逸れてしまいましたので元に戻しますが
逃げたモンドクラッセが6着に粘っているので必ずしも差し馬向きのレースではなかったと思います。
2着に来たベストウォーリアもスムーズな競馬で無駄のない競馬をしていましたし
エイシンバッケン、キングズガードも持ち味の末脚をいかして上位にきました。
それらの馬を後方から大外一気の差し切り勝ちを決めたカフジテイクは
実力的に1枚上の存在といっていいでしょう。
フェブラリーステークスもこの馬が中心となるのは間違いなさそう。
スポンサードリンク

シルクロードステークス レース回顧

勝ったのは3番人気に支持されていたダンスディレクターでした。
過去10年で逃げ馬が5連対しているレースだけに何が行くのか注目していました。
大方の予想ではネロが逃げると思われていましたが
実際に逃げたのは2番人気のソルヴェイグでした。
ネロは2番手でに控える競馬をしましたが2番人気と1番人気が先頭、2番手という競馬ですから
必然的に前が早くなってしまい直線では早々にネロは失速。
ソルヴェイグも余裕がなくなって3、4番手で競馬していた
セイウンコウセイ、セカンドテーブルが抜け出してきたところ
外から矢のように飛んできたのがダンスディレクターでした。
道中は後方で待機し、しっかり脚を溜めていたのでレース展開もハマって
見事な差し切り勝ちを決めました。
昨年このレースを制した後骨折をしてしまい春のレースを棒に振りました。
秋に復帰するも体調は本調子でありませんでしたが
前走あたりから復活の気配がありました。
今回は追い切りでも好時計をマークしていて更に状態の良さが感じられましたが
見事な復活の勝利となりました。
鞍乗の武豊騎手も今年重賞2勝目を挙げ、土日で6勝の固め打ち。
今季既に12勝を挙げていて騎手リーディングも2位と見事なロケットスタートを決めています。
かなり有力馬への騎乗が多くなっていますし結果もしっかり出せていますね。
昨年はキタサンブラックでGIを2勝しましたが年間74勝と勝ち数的には不本意なシーズンでした。
なので今季は年間100勝だけでなく2008年以来の騎手リーディングを狙っているのかもしれませんね。
馬券的にはネロの逃げ切りを期待していたので不的中でしたが
穴馬としてワイドで買っていたヒルノデイバローが最後伸びて来た時は声がでました。
惜しくも4着でしたが展開が向けばこういうレースができるので今後も期待してみたいと思います。

今週の予定

今週からは東京・京都の2場開催です。
重賞レースは日曜日にそれぞれ東京新聞杯、きさらぎ賞がありますので
週中の予想はこの2レースを中心に考察していきたいと思います。
スポンサードリンク

-レース回顧