ラジャカジャの逆噴射ブログ2

予想を中心とした競馬情報サイトを目指します。

予想

共同通信杯2017、京都記念2017、予想、人気上位3頭の組み合わせは1円も買いません

ラジャカジャです。
共同通信杯2017、京都記念2017ほか日曜のレース予想をしていきたいと思います。
昨日は雪の影響で小倉開催が中止となりましたが今日は3場とも通常開催。
馬場も午後に向けて回復していきそう。
馬場が急激に回復した場合は極端な前残りになることが多いので
その辺に気をつけながら予想&馬券購入をしていきたい。

スポンサードリンク

目次

東京11R 共同通信杯2017
京都11R 京都記念2017
東京12R 4歳以上1000万円以下

東京11R 共同通信杯2017

本命 タイセイスターリー
朝11時の時点で単勝1番人気はムーヴザワールドで3.1倍
次いでスワーヴリチャード3.4倍、エアウィンザー3.8倍、タイセイスターリー6.1倍と続きここまでが単勝1桁台のオッズ
5番人気のチャロネグロで18.0倍なので完全に4強対決の様相を呈しています。
週中のデータ予想でも書きましたがデータ的にもこの4頭はマイナス材料が少ないので
おそらくこの4頭による決着が濃厚ではないかと思います。
その中で本命に推したいのはタイセイスターリー
正直実力はまだ未知な部分が多いのですが
前走は重馬場ながらよく伸びて来て2着しました。
今回東京コースに変わりますが
父マンハッタンカフェの東京芝1800mの種牡馬別成績(2014年1月以降)を調べると
のべ90頭が出走して14勝2着5回3着2回の成績で勝率15.6%連対率21.1%複勝率23.3%の成績。
勝率だけで見ればディープインパクト産駒より上です。
またルメール騎手とのコンビというのも魅力を感じます。
このルメール&矢作厩舎というコンビは以外と少なくて
昨年もわずか8回しかありません。
ただこのコンビの成績を調べると過去10年で46回あり13勝2着7回3着6回の成績で
勝率28.3%連対率43.5%複勝率50.0%と非常に高い好走率を残しています。
東京コースに限ってみても7回あって3勝3着1回の成績ですから
狙う価値はあると思います。
相手は人気上位馬に絞って勝負してみたい。
買い目
馬単流し(マルチ)
3-1,4,5(6点)
三連複1頭軸流し
3-1,4,5(3点)
スポンサードリンク

京都11R 京都記念2017

本命 ガリバルディ、ヤマカツライデン
単勝1番人気はマカヒキで1.7倍の圧倒的な支持。
以下ミッキーロケット4.0倍、サトノクラウン4.4倍と続きここまでが単勝1桁台のオッズ。
このレースは週中のデータ&追い切り予想でも書きましたが
人気上位3頭で決まる馬券は1円たりとも買いません。
しかも休み明けでいかにも前走に向けての叩き台という感じのマカヒキ、サトノクラウンですから
レースに行って思ったより走れなかったという事はあると思いますし
他馬にもつけいる隙はあると思います。
追い切り予想のところでも書きましたがここはガリバルディ、ヤマカツライデンのどちらかは馬券に絡むと見て
勝負したいと思います。
ガリバルディは距離延長が吉とでそうな感じがしますし追ってからの末脚はこのメンバーでも通用すると思います。
逆にヤマカツライデンは思い切った大逃げを打っての逃げ粘りに期待したい。
追い切りの動きを見ても今回は前走以上に粘りが効くと思います。
買い目
馬単流し(マルチ)
10-3,6,9(6点)
2-3,6,9(6点)
三連複1頭軸流し
10-3,6,9(3点)
2-3,6,9(3点)

東京12R 4歳以上1000万円以下

本命 ペガサスボス
前走は直線で前が壁になり追い出すタイミングが遅れての4着。
しかも前半は掛かり気味で折り合いに苦労していたのも敗因でしょう。
この馬の戦績を見ても1600m以下のレースに良績が集中しているので今回の距離短縮はプラス材料。
頭数も12頭とやや少なめなで枠も外目に入ったのでこれなら前走のように前が壁になって追えなくなるという事もないでしょう。
前走のレースぶりからこのクラスでも勝ち負けできるレベルなのは証明済み。
折り合いさえしっかり付けば直線で外から伸びてくるシーンが見られそう。
買い目
馬単流し(マルチ)
9-1,2,6,8(8点)
三連複1頭軸流し
9-1,2,6,8(6点)
スポンサードリンク

-予想